作家プロフィール : 笹倉鉄平 TEPPEI SASAKURA

1954年、兵庫県生まれ。
15歳の頃から本格的にデッサンの勉強を始める。
1976年、武蔵野美術大学 視覚デザイン科卒業。広告制作会社専属のイラストレーターとなる。
1980年、フリーランスとなり、森永製菓のパッケージイラストを始め、広告、パッケージデザイン、ブックカバー等の分野で活躍、注目を集める。
1987年〜1988年、毎日新聞カラー別印刷に南ドイツ「ROMANTICGALLERY」、フランス「ロマン色の街角」を連載。繊細で美しい感性の風景画と作者のメッセージが大好評を博す。
1990年、青山スパイラル・ギャラリーにて個展を開催。画家としての制作活動に専心。
1991年、初のシルクスクリーン作品「カダケス」を発表。ロサンジェルスアートエキスポに出品。軽井沢にアトリエを構え移住。日本各地で個展を開催。
1992年、オランダで開催された花の万博“フロリアード1992”の記念版画「ユトレヒト」を発表。同年9月ニューヨーク・アートエキスポに出品。
1997年、CD-ROM画集「笹倉鉄平作品集」を出版。高い評価を博す。
2001年、作品「祝福」が“2001年イタリア・フィレンツェ・日本・文化経済交流協会”公認作品になる。
現在、1年に数回、海外取材旅行を通じて新しいテーマを吸収し作品に反映させている。



優しい色彩の作品は、見ていると、いつの間にか、ほっと和んだり、リラックスした気分になれます。一見、優しさとは、相反するように思える、洗練され・お洒落な彼の作品は、絶妙な色彩とモチーフによって、“お洒落だけれどじんわりと暖かい”味わい深い作品です。