作家プロフィール :

鈴木英人 EIZIN SUZUKI

日本のイラストレーション界を代表する人気作家、鈴木英人。 1948年福岡県博多に生まれたエイジンは多感な少年時代を基地の街・横須賀で過ごし、“フェンスの向こうのアメリカ”に魅せられました。
20代にグラフィックデザイナー、アートディレクターの仕事の傍ら、イラストレーションを制作し始め、 30代に憧れのアメリカの風景を、光の陰影を精緻な線で型取り、その中を透明感のある色彩で埋めていく現在の作品スタイルを確立しました。
その作品は雑誌「FMステーション」「野性時代」「プレイボーイ」「ポパイ」、英語教科書「ニューホライズン」の表紙、 ミスタードーナッツ、デニーズ、ニコン、富士写真フィルム、ナショナル、ライオン、日産自動車、日本石油、アサヒビール、サントリー、 キリンビール等の広告キャンペーン及び商品パッケージとコマーシャルアートの世界で、数多く使用されてきました。
エイジンの創作意欲は、イラストレーションの世界にとどまらず、版画作家として(1985年頃より)本格的に活動を始め、毎年新作を発表しています。
現在 神奈川県逗子市在住。各地で個展を開催しています。









英人版画作品一覧ページへ