rimowa
1898年にポール・モルシェック氏がドイツのケルンで立ち上げたリモワは当初、欧州の上流階級の人々に向けレザー製の旅行鞄を生産していました。1930年代からは息子のリチャード氏に事業を引継ぎ、欧州全土が深刻な革不足に陥る時代の流れのなかで彼は航空機に使われていたアルミニウムに着目しました。そして1935年にアルミニウムトランクを完成させました。これが現在のブランドイメージの原点かもしれません。1937年に一般市場に展開し始めると、広く認知され世界中で注目を集めるようになりました。1950年にはアルミニウム合金(アルミニウム×マグネシウム)を用いることでさらに耐久性を高めたトパーズを発表。今なお定番として続く同作の大ヒットにより、『リモワ』はスーツケースブランドとして今日のような揺るぎない地位を確立しました。
ブランド独自のリブ加工により実現される優れた耐久性

ブランドのスーツケースには、リブ加工と呼ばれる表面に凹凸がつられています。これは耐久性を飛躍的に高める効果があります。15階の高層ビルから落としても中に収納したものを保護するともいわれる耐久性。修理をすれば半永久的に使えます。1930年代にドイツの最新鋭航空機であった、ユンカース52の外板設計技術からイメージを得たディテールです。
トパーズ

ブランドを象徴する大定番ロングセラーモデルです。初代の登場から70年近くが経った今でも、スーツケースのトップモデルとして君臨しています。外側には鞄を掛けられるフック、内部には2枚のディバイダーも付属しており非常に便利です。凹みや傷は本来デメリットになってしまいがちですが、リモワの場合はヴィンテージ感が増し、さらにかっこよさを演出します。