rimowa
サルサシリーズ
リモワ初のポリカーボネート製品として2000年に発売されたサルサシリーズ。サルサが発売される前までリモワは、ジュラルミン製のスーツケースを長年販売し続けていました。ジュラルミン製スーツケースでは得られなかった、軽快な旅行を使用者に提供することがサルサとサルサシリーズが世に出回ったことで出来るようになりました。サルサシリーズの共通点は、素材にポリカーボネートを使用した事と、開閉がジッパー式になっている事フレームタイプと違って軽量さがあるというのもジッパー開閉式のメリットです。
サルサエアー
サルサシリーズの中でも最軽量のモデル!軽量化を求めて改良を重ね、内装はメッシュポケットで仕切られ更にシリーズ初となる、1本バーのテレスコープハンドルに仕様変更!機能、値段、軽さが丁度良いサルサエアー