観世水・帯揚げ

鴨川沿いに納涼床が見られる初夏となりました。
今月の逸品は、これからの時期にお使い頂ける絽の帯揚げをお届けします。

流麗な観世水を織り出した絽の生地をはんなりとした優しいお色に染めた帯揚げです。

弊店から夏ものとしてご用意する帯揚げには、銀糸を織り込んだ銀通しのお品や、絞り染めに銀彩を施したお品もございますが、こちらの帯揚げは敢えて流水の地紋と染めのみの意匠となっております。地紋がありますので格調があり、銀糸や銀彩のキラキラした煌めきとは雰囲気を変え、京都の丹後で織る生地の上質な光沢を生かしたデザインが魅力的な逸品です。
お色は6色、透明感のある上品な色調で揃えました。
すっきりとした単色に地紋のみの一枚は合わせやすく、幅広くお使い頂けます。

ゆるやかな流水文様と締め心地よさが感じられる帯揚げで、これからの季節を涼やかにお過ごしください。

今月の逸品一覧