「お客さまの要望以上の商品を創りたい」という想いをもとに企画がはじまります。
素材、色、柄、デザイン、すべてを社内で企画。
何度も意見を出し合い、一から商品をつくっています。
想い描く生地を織ってくれる国内の生地屋さんまで足を運び、求めている風合いや効能などを相談して素材を決定します。
生地によっては1日に20mしか織れないものも。 時間をかけてコツコツと。
染色の美しさは水にかかっています。
日本の豊かな自然に磨かれた水を使って、国内の染屋さんに深く落ち着いた色に染めてもらいます。
納得できるまで何度も何度も、調整・修正。理想の染めを貫きます。
 
いよいよ生地で商品づくり。
京都本社と滋賀の2つの自社工場で製造します。
厳しく検反しながら、専用器具で延ばして裁断。 オーダーに合わせて手作業で裁断することも。
生地不良がないか再度チェックしながら、職人さんが真心込めて縫製。
ダブルガーゼやニット、シルクなどの縫製が難しい生地も、職人さんが熟練の技で商品にしていきます。
サイズや商品に不良がないか最後まで厳しく確認し、一つひとつ丁寧にパッケージング。
検針を済ませたら、自社工場から直接お客さまへ心を込めて商品を発送します。