不織布とは繊維を織らないで、絡み合わせたシート状のもので、医療用や、家庭用、産業用に広く使用されています。 レーヨンやパルプを原料とした"スパンレース不織布(*1)"に保湿成分を加えることで、柔らかく、肌ざわりの良い「保湿不織布」になりました。これは、高知県のメーカーと紙産業技術センター、大学、そして当社が共同で開発し、「TOSATeX」として商標登録しました。 「ふんわり・しっとり・なめらか・つよい」など紙と違う特性や触感を持っています。また、接着剤や防腐剤(パラベン)を配合していません。
現在、共同開発を行いました三昭紙業株式会社より、化粧用リメイクシートとして「トリップコスメ・リメークシートS」を販売しています。 また、当社も新商品の開発を進めています。 この技術は2010年に特許登録されました。
(*1) 高圧水流で繊維を絡み合わせた不織布です。ソフトな風合を持っています。

  • 各技術の解説