代表挨拶

河野製紙創業の地、高知県は土佐和紙の流れを汲む古くから製紙業の盛んな土地です。
弊社は、明治25年(1892年)に初代が手漉き和紙の生産に携わった時を創業として以来、100年以上にわたり、お客様のご満足を第一に考えて製紙業を続けて参りました。
時代とともに技術は進み、手から機械へ、そして機械はより高速へと変わってきました。そして今や、ティッシュ・トイレットペーパーは、必需品として無くてはならない大量生産・大量販売商品になりました。
そうした変化の中にあっても弊社の中で決して変わらないことは、1000年にわたって積み重ねられた土佐和紙の伝統を受け継ぐ企業として、バランスの良い美しい地合のとれた紙・お客様のお肌に優しい紙を抄く精神です。
その結果として、平成5年にデリケートな肌を優しくいたわる世界初の保湿ペーパーを発売することができ、日本・アメリカで特許を取得致しました。
現在では、殆どのお店で見かけることができるようになりましたのも、ひとえにお客様のおかげです。

これからも「ティッシュで笑顔を創りたい」を企業コンセプトとし、お客様はもちろん従業員も含め、笑顔を創れる企業を目指す事業活動に取り組んで参ります。
確かな技術力に基づき、品質にこだわった弊社商品の新しい「やわらかさ」に触れていただき、笑顔になっていただければ本望です。

  • 品質へのこだわり
  • 代表挨拶
  • 会社概要