マリメッコ/marimekko

1951年にフィンランドで設立されたテキスタイルブランドマリメッコ/marimekko。アルミ・ラティアとヴィリオ・ラティアによる「斬新でユニーク、飽きが来ないかつ美しい商品を生み出したい」という思いから誕生しました。ウニッコ/Unikko柄をデザインしたマイヤ・イソラ/Maija Isolaをはじめ、国内外のデザイナーが、ファッション・インテリア・バッグ・生活雑貨など多岐にわたる商品を発表しています。鮮やかな配色の特徴的なグラフィックと、肌触りの良いナチュラルな素材の組み合わせは、他国のテキスタイルとは一線を画した存在。北欧の持つ独自性のあるデザインで、世界中の人々から愛されています。

Vihkiruusu

ヴィヒキルース

マイヤ・イソラ

フィンランド語で「ウェディング・ローズ」という意味を持つヴィヒキルース/Vihkiruusu。1964年にマイヤ・イソラによってデザインされたマーライスルース/maalaisruusu柄を、娘のクリスティーナ・イソラが小さなスケールにしたものです。ヴィヒキルースの中で最も有名なのアイテムがラテマグです。2011年に発売され、絶大なる人気を博しました。

Primavera

プリマヴェーラ

マイヤ・イソラ
マリメッコ/marimeikko

1972年、当時アルジェリアに住んでいたマイヤ・イソラが、マリーゴールドが咲き乱れる故郷フィンランドの風景に想いを馳せ、描いたもの。大ぶりの花が華やかで、春の訪れを感じさせてくれるデザインです

Puketti

プケッティ

アンニカ・リマラ

フィンランド語で「花束」という意味を持つプケッティ/Puketti。白い小花を束ねたブーケが描かれたプケッティは1964年にアニカ・リマラによってデザインされ、ウニッコなどと並ぶ定番柄となりました。可憐なイメージのプケッティはファッションからインテリアやテーブルウェアなど幅広いアイテムに展開され愛用されています。

Unikko

ウニッコ

マイヤ・イソラ

最も代表的なデザインであるウニッコ/Unikko。フィンランド語で「けしの花(ポピー)」という意味を持つウニッコは、1964年マイヤ・イソラによってデザインされました。大胆な構図とビビットな配色で描かれたウニッコ柄は半世紀近く経っている今も絶大な人気を博しており、エアラインのラッピングデザインに採用されるなどフィンランドを象徴するデザインの一つです。

Kestit

ケスティト

マイヤ・ロウエカリ

Kestit(ケスティト)はフィンランドのストックマン百貨店150周年を記念して、2012年にマイヤ・ロウエカリによってデザインされたもの。フィンランド語で「楽しませる」という意味のケスティトは、その名前の通り、生き生きとした大判の花が見る人を楽しませてくれます。

Paaryna

パーリナ

マイヤ・イソラ

フィンランド語で「洋梨」を意味する「パーリナ/Paaryna」。1969年にデザインされ、ファブリックだけでなく、バッグなどのファッションアイテムや食器のシリーズも発表され、人気を博しました。

Siirtolapuutarha


シイルトラプータルハ

マイヤ・ロウエカリ

モノトーンの繊細なタッチが魅力のシイルトラプータルハ/Siirtolapuutarha。フィンランド語で市民菜園を意味するシイルトラプータルハは、2009年にマイヤ・ロウエカリがデザインしたものです。細い線で草花や風景が描かれていたり、女の子が隠れていて1つの物語のようになっていたり、抽象的なパターンで構成されていたりと、アイテムごとに表現方法が異なっている特徴があります。

Rasymatto

ラシィマット

マイヤ・ロウエカリ

フィンランド語で「使い込まれたラグ」という意味を持つ、Rasymatto(ラシィマット)。抽象的な円形の羅列によって表現されるシンプルでスタイリッシュな世界観が特徴です。シイルトラプータルハと同じマイヤ・ロウエカリにって2009年にデザインされ、ファッションからインテリアやテーブルウェアなど幅広いアイテムに展開されています。

Kurjenpolvi

クルイェンポルヴィ

アイノ-マイヤ・メッツォラ

フィンランド語で「ゼラニウム」を意味する通り、細かな線で描かれた大きな花柄が特徴です。花模様でありながら、シックで落ち着いた印象があります。

Mynsteri

ミンステリ

アイノ-マイヤ・メッツォラ

シンプルな配色でありながら、豊かな表情を持つ美しい「ミンステリ」。ボビンレースのように配置された草花が、ブルーの点と短い線によって緻密かつ躍動的に描かれています。どこか和食器に通じる趣を兼ね備えているため、普段の食卓でも気負うことなくお使いいただけます。

Kompotti

コンポッティ

アイノ-マイヤ・メッツォラ

コンポートというフルーツの砂糖煮を意味するコンポッティ/Kompotti。輪切りにしたりんごや、デフォルメされた果実たちがずらりと並べられた、北欧らしい斬新なデザインです。2012年にアイノ-マイヤ・メッツォラがデザインし、今ではおなじみの定番柄となっています。

Tasaraita

タサライタ

アンニカ・リマラ
marimeikko(マリメッコ),Sami Ruotsalainen

アンニカ・リマラ/Annika Rimalaが手掛けた、シンプルなボーダー柄。日常使いができ、飽きの来ないデザインは、マリメッコのファッションアイテムの代表的なデザインとして人気を集めました。

Svaale

スヴァーレ

サンナ・アンヌッカ
マリメッコ/marimeikko,Sanna Annukka

北極キツネをモチーフに「サンナ・アンヌッカ/Sanna Annukka」がデザインした「スヴァーレ/Svaale」柄。北欧神話で重要とされるキツネをはじめ、森の動・植物たちをエキゾチックに図案化したユニークな柄です。

Pikkupakkanen

ピックパッカネン

マイヤ・ロウエカリ
marimeikko(マリメッコ),Maija Louekari

フィンランドの寒い冬をイメージし「マイヤ・ロウエカリ/Maija Louekari」がデザインしたシリーズ。寒さに耐えて羽を膨らませている小鳥や、緑の葉が落ち赤い実だけになったナナカマドの木などを、大胆な構図と繊細な絵柄で表現しています。

Ketunmarja

ケトゥンマルヤ

アイノ-マイヤ・メッツォラ
マリメッコ/marimeikko,Maija Louekari

アイノ-マイヤ・メッツォラ/Aino-Maija Metsolaが手掛けた「ケトゥンマルヤ」は、“キツネとベリー”をモチーフにした自然豊かな北欧ならではのデザイン。独特なタッチで表現されたキツネと鮮やかな赤い木の実が特徴です。

Puutarhurin Parhaat

プータルフリン パルハート

マイヤ・ロウエカリ
マリメッコ/marimeikko,Maija Louekari

マイヤ・ロウエカリ/Maija Louekariのデザイン。菜園の野菜たちが楽し気に描かれたユニークな柄。北欧らしい配色がファッションやインテリアのアクセントになってくれます。

Kihina

キヒナ

石本藤雄
マリメッコ/marimeikko,Maija Louekari

石本藤雄/Fujiwo Ishimotoが1997年に発表した「喧騒」を表現したデザイン。地色にライトブルーとブルーで描かれた細かいストライプが上品で洗練された印象を与えます。

Varvunraita

バルブンライタ

ヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ
マリメッコ/marimeikko,Maija Louekari

ヴオッコ・エスコリン-ヌルメスニエミ/Vuokko Eskolin-Nurmesniemiが手掛けた小枝ストライプ柄のデザイン。手書き風の揺らぎ感が魅力のストライプがまるで林のように続いています。

Mariletters

マリレターズ

「marimekko(マリメッコ)」の文字が躍っているかのように散りばめられたデザイン。シックなカラーリングと文字のコントラストが印象的。

Puolikas

プオリカス

サミ・ルオッツァライネン
marimeikko(マリメッコ),Sami Ruotsalainen

フィンランド語で「半分」という意味の「プオリカス」。バイカラーが特徴のシンプルなデザインは、サミ・ルオツァライネン/Sami Ruotsalainenによるもの。アイテムによってカラーの組み合わせが異なるのもこのシリーズの魅力です。

Oiva

オイヴァ

サミ・ルオッツァライネン
マリメッコ/marimeikko

マリメッコのテーブルウェアシリーズの原型。サミ・ルオツァライネン/Sami Ruotsalainenによってフォルムがデザインされ、様々なデザイナーによって柄が描かれています。無地のオイヴァシリーズは、他のアイテムと組み合わせるのに便利です。

Mini Peruskassi

ミニペルスカッシ

Peruskassi

ペルスカッシ

Seidi

セイディ

Mini Matkuri

ミニマツクリ

Metro

メトロ

Buddy

バディ

Kortteli

コルッテリ

シティバックパック

バックパック

Eppu

エップ

Post Card

ポストカード