下地別の下地処理の仕方

きちんと下地処理すればきれいに仕上がります。

フローリング・クッションフロア・フロアタイル・Pタイル

平坦な場合はそのまま上から施工できます。
きれいに床を掃除した後、床をしっかりと乾かしてから施工してください。

フロアタイルを敷く場合は、下地のクッションフロアははがしてからの施工をおすすめします。

ひび割れや凹凸がある場合は
アースシールで下地を平坦にしてから施工してください

※マンションのフローリングなど防音性のあるフローリング(L-45)の場合、フロアタイル・Pタイルを施工すると、目すきする場合がありますのでご注意ください。

コンクリート・モルタル

平坦な場合はそのまま上から施工できます。
きれいに床を掃除した後、床をしっかりと乾かしてから施工してください。

  • ひび割れや凹凸がある場合は
    アースシールで下地を平坦にしてから施工してください。
  • 15分程度で硬化します。

水周りや、水がかかる恐れのある場所に施工する場合は、
下地をしっかりと乾かしてから、耐水型の接着剤で施工してください。

ベニヤ板・コンパネ

平坦な場合はそのまま上から施工できます。
きれいに床を掃除した後、床をしっかりと乾かしてから施工してください。

コンパネの継ぎ目やネジあとなど段差やすき間がある場合は
アースシールで平坦にしてから施工してください。

タイル・石材床

アースシールで下地のデコボコを平らにしてから施工してください。

  • デコボコを埋めるように
    アースシールで平坦にします。
  • 15分程度で硬化します。

水周りや、水がかかる恐れのある場所に施工する場合は、
下地をしっかりと乾かしてから、耐水型の接着剤で施工してください。

たたみ

通常、たたみの上にはそのまま施工できません。
たたみをはずして、その下の下地に合わせて下地処理をしてください。
たたみを外して、床が下がる場合は、コンパネなどで、床の高さを調節してください。

たたみを外さずに施工できるもの

● クッションフロア

たたみの上から置き敷きにして、カーペット固定ピンなどで固定してお使いいただくことができます。

※湿気がたまりやすくなるので、定期的にクッションフロアを外して換気するようにしてください。


● 置き床用床材接着シートエラスティロンを使ってフロアタイルを置き敷き

接着シートエラスティロンはクッション性のあるシートの片面が接着面になっています。
そのため下地を痛めずにフロアタイルやフローリングを施工できます。

接着シート+フロアタイルの厚み分床が高くなるので、ドアなどが開かなくならないか確認してから施工してください。
フロアタイルは温度変化で伸縮するため、目すきや突き上げが起こる場合があります。

  • 接着面を上にして接着シートを床に敷き詰めます。
  • フロアタイルを接着シートの上に載せ
  • 保護シートを引き抜いてフロアタイルを貼り付けます。

カーペット

通常、カーペットの上にはそのまま施工できません。
カーペットをはがして、その下の下地に合わせて下地処理をしてください。

カーペットをはがさずに施工できるもの

● クッションフロア

カーペットの上から置き敷きにして、カーペット固定ピンなどで固定してお使いいただくことができます。

※湿気がたまりやすくなるので、定期的にクッションフロアを外して換気するようにしてください。

床下収納

キッチンなどで床下収納がある場合は、床下収納の金具を外して施工してください。

● クッションフロアの場合

  • 床下収納の金具を外します。
  • 金具が外せました。
  • 上からクッションフロアを広げ、
    収納庫の穴の部分以外をカットします。
    この時点でクッションフロアを接着しておくと、シートがずれずに切りやすいです。
  • 指で穴の部分を探り当て
  • 穴のフチにカッターの刃を沿わせてくりぬきます。
  • くりぬけたら、金具をはめます。
  • フタを先ほどくりぬいたシートに合わせて型取りします。
  • ぴったりサイズに切れたら、 フタにシートを接着します。
  • 金具をもとに戻します。
  • 柄もぴったり合って貼れました。
  • 見切りもきれいに納まっています。

● フロアタイルの場合

フロアタイルの場合は、少し厚みがあるので、
床側の金具を、フロアタイルの厚み分底上げして施工してください。