主な機能マークの説明

防火 日本防災協会の防炎性能試験に合格したものです。
制電 パイルやラテックス等に帯電防止加工をした、または
繊維自体に制電性能を有した素材を使ったカーペットです。
ウールマーク ザ・ウールマーク・カンパニーの品質基準に合格したカーペットです。 ブリティッシュウール 英国羊毛を50%以上使用し、英国羊毛公社(BWME)の品質基準に合格したカーペットです。
ウールオブニュージーランド ニュージーランド羊毛公社の厳しい品質基準に合格したカーペットです。 ホツレ防止 裏面にラテックスを使用し、ホツレ防止加工を施しています。パイル抜糸強度を高め、施工性がよく、遊び糸を抑えます。
SG防汚性 ソイルガード(Soil Guard)は、撥水・撥油処理がしてありますので、汚れをうけつけにくくなっています。 SH防汚性 ソイルハイド(Soil Hide)は、繊維の異形断面構造が、光を反射、吸収、透過させ、汚れが目立ちにくくなっています。
糸洗い防汚性 パイル糸を糸洗いすることにより、汚れがつきにくく、遊び毛が少なくなり、よりあざやかで深みのある色彩を得られます。 防ダニ・抗菌 安全性・持続性に優れた防ダニ・抗菌加工を基布に施したカーペットです。
PETボトル PETボトルリサイクル推進協議会によって認定された、パイル糸の25%以上にPETボトル再生フリークまたは、ペレットを使用している商品です。 防ダニ 防ダニ加工製品協議会の品質・安全基準に適合した防ダニ加工カーペットです。
ホルムアルデビド吸着 室内中のホルムアルデビドを化学反応により吸着し、再放出しにくい商品です。 消臭 タバコや生活臭の主な原因となる、アンモニア・酢酸・トリメチルアミンなどを消臭する効果があります。
軽歩行 通行量の少ない場所に適しています。居間、寝室、子供部屋などの一般家庭用です。 中歩行 通行量が中程度の場所に適しています。応接間、ホテルの客室・レストランなど一般家庭から業務用です。
重歩行 行量の多い場所に適しています。学校、銀行、オフィスなどの業務用です。 ホットカーペットOK ホットカーペットのカバーとしてご利用いただけます。ただし常時、高温でご使用いただく際は、念のため収縮などに気をつけてください。
手洗いOK 汚れた部分だけをはずして、部分的に手洗いできます。手洗い後は陰干し乾燥を充分に行って下さい。 遊び毛無し 連続した一本の長い繊維からなるフィラメント糸を使う事により、遊び毛が出る事をなくしたカーペットです。
防汚加工 パイル表面に、フッ素系樹脂を加工。汚れがつきにくい構造となっています。 L50 軽量床衝撃音遮断性(スラブ厚150mm)LL50の防音性能をもつカーペットです。階下へ音が響くのを低減します。
L45 軽量床衝撃音遮断性(スラブ厚150mm)LL45の優れた防音性能をもつカーペットです。お子様が走りまわる音が階下へ響くのを低減します。 フリーカット 施工場所に合わせて自由にカットできる商品です。
ムシブロック アース製薬株式会社の技術協力で開発された機能です。ゴキブリがカーペットに接触するとカーペットの糸に含まれた忌避剤に不快感を感じて逃げ出し、近づかなくなります。 フリープラン 部屋の形やサイズに合わせてカット。周囲に加工を施してお届けするオーダーシステムです。
Gマーク (財)日本産業デザイン振興会が選定したグッドデザイン賞授賞の認定マーク。外観の美しさ、機能、品質、安全性、暮らしへの提案力など、総合的な視点で選ばれたカーペットに表示されます。 遮音 遮音効果に優れた(遮音等級LL-45以上)カーペットに表示され、クッション性にも優れて、カーペット上に直接座っても床の硬さや冷たさが和らぎます。
防汚 繊維にしみ込んだ汚れを落としやすくした防汚加工(ソイルリリース加工)を施した商品に表示されます。 防虫 パイルに防虫加工を施した、新毛100%のウール商品に表示されます。
SIAA JIS Z 2801に適合し、抗菌製品技術協議会ガイドラインで品質管理・情報公開された製品に表示。カーペットの一次基布に加工された抗菌剤が細菌の増殖を抑え、安心してお使いいただける商品に認められたマーク。 スーパーチタンデオ 光があたることで有機物を分解する光触媒のはたらきに注目したスーパーチタンデオ。空気中の悪臭やホルムアルデヒドなどのVOCを効果的に分解し、抗菌機能も発揮します。
SIAA従来の防ダニがダニを追い払うだけの忌避効果であったのに比べて、セグロセラはダニの水分を奪うことで増殖を抑制。結果としてダニの増加を防ぐことができる新しい防ダニ機能です。    
抗菌防臭加工 繊維上の菌の増殖を抑制し、防臭効果を示します。 中歩行 通行量が中程度の場所に適しています。応接間、ホテルの客室・レストランなど一般家庭から業務用です。



前のページに戻る