当オンラインショップは
ソニー株式会社が運営しています。

cartridge 文学の香り 太宰治 パッケージ

香りで読む、新体験。

文学と香りを組み合わせて、作品の世界をもっと深く楽しもう!
香りのエンタテイメントシリーズ第一弾は「文学」がテーマ。生誕110周年を記念し、太宰治文学作品を香りで読み解くカートリッジが誕生。香りで読む、新しい読書の世界へようこそ。

for 文学の香り 太宰治 パッケージ for 文学の香り 太宰治 パッケージ

香りで紐解く、「人間失格」の世界

太宰治の代表作である「人間失格」の中でも特に印象的と思われるシーンを五つ切りだし、その背景に流れる香りを詰め込みました。
原作を読みながら、そのシーンに差し掛かったときに対応した番号の香りを楽しんでみてください。

AROMASTICが独自に開発した、
作品の背景に流れる香り。

カートリッジの香りは、作品世界をイメージして完全にオリジナルで作成しました。この製品でしか楽しめない香りを是非お手元に。

cartridge relax

アイコン

本当にいままでのひとの中で、
あの貧乏くさいツネ子だけを、すきだったのですから。

初めて好きになった女性、ツネ子を思い出して泣いているシーン。当時の香料産業事情をベースにイメージした香り。

アイコン

そっと、ドアを閉め、自分は、また銀座に行き、
それっきり、そのアパートには帰りませんでした。

記者のシヅ子の家での居候生活をやめたシーン。関東大震災後に建てられた高円寺の木造アパートをイメージした香り。

アイコン

ああ、しかし、自分は、大きな歓楽も、
また、大きな悲哀もない無名の漫画家。

京橋のバーのマダムのもとで暮らしていた時期。当時のエリートが集う華やかな社交場をイメージした香り。

アイコン

ゲンマンしたんですもの。
飲んだなんて、ウソ、ウソ、ウソ。

ヨシ子との結婚を決めた瞬間。
昭和初期の幸せな家庭をイメージした棒石鹸の香り。

アイコン

人間、失格
もはや、自分は、完全に、人間でなくなりました

病院に入院したシーン。
鉄格子の嵌った病室をイメージした香り。