ragandbone

Brand history

ragandbone / ラグ&ボーン

2002年、アメリカにてマーカス・ウェインライトとデヴィッド・ネヴィルにより設立されたファッションブランド。「自分達の周りの人々が毎日着たくなる様な服を作ろう」という思いからデニムを軸としてブランド展開をスタート。流行に左右されないタイムレスなスタイルが特徴であり、パターン・カッティング・縫製クオリティの高さ、そしてディテールへの拘りを持つ。近年、デザイナーであり最高経営責任者でもあったデヴィッド・ネヴィルが退任、それによりマーカス・ウェインライトが単独でCEOとなった。