newbalance

Brand history

newbalance / ニューバランス

1906年、アメリカで偏平足等を治す矯正靴メーカーとしてニューバランス社が誕生、「ニューバランス」という名前の由来は、「履いた人に"新しい(new)バランス(balance)"感覚をもたらす」という意味である。定番モデルであるM1300番を履いたラルフローレンが「まるで雲の上を歩いているようだ」と表現するように、心地よいフィット感が得られるのが特徴であり、ハイテクシューズのような機能を優先させつつも、ローテクスニーカーのようなシンプルなデザインを備えていることは魅力である。近年、ノームコアやカジュアルファッションの流行に伴って、その人気を更に広げた。