keen

Brand history

keen / キーン

2003年、アメリカ・カリフォルニア州にてローリー・ファーストにより「サンダルでもつま先を守ることができるもの」を作りたいという想いから設立されたフットウェアブランド。「CREATE(創造すること)」「PLAY(楽しむこと)」「CARE(気遣うこと)」という3つの概念からなる「ハイブリッドライフ」というコンセプトの元フットウェアを展開。サンダルとシューズ、陸と水、快適性と性能、ファッションと機能性といった異なる概念が融合されたアイテムが特徴となっている。靴を履いているかのような安心感と、サンダルのような手軽さや気軽さを備えている事が魅力であり、アウトドアユーザーから高い支持を得ている。