givenchy

Brand history

givenchy / ジバンシー

1951年、ユベール・ド・ジバンシィがコレクションを発表しスタートしたラグジュアリーブランド。初コレクションにて、シャツ地で作った開襟にラッフル袖の「ベッティーナ・ブラウス」が話題となり、その斬新なアイデアとシャープな感性が絶賛され「モードの神童」と称された。ラグジュアリーでありながらエッジの効いたストリートスタイルを色濃く打ち出したデザインが特徴的であり、ファッションセレブ御用達のラグジュアリーストリートブランドとして、世界中にフォロワーを有する。近年、約12年間クリエイティブ・ディレクターを務めたリカルド・ティッシが退任、元クロエのクレア・ワイト・ケラーが新アーティスティック・ディレクターに就任、オートクチュールを含む全てのコレクションにおけるディレクターとなった。