chaco

Brand history

chaco / チャコ

1989年、元ラフティングガイドのマーク・ペイジェンが、当時売られていたサンダルに満足できず、「最大限の快適さ」と「耐久性」に焦点を絞ったサンダルを製作した事でスタートしたアウトドアサンダルブランド。アスフェルトから海川山森岩場まで、様々なレジャーシーンに対応し、ミッドソール内の1本でつながったウェビングストラップにより、いかなる足の形状に対しても微調整できることが特徴である。また、独自開発されたフットヘッド「The LUVSEAT」は、生力学的に考えられたデザインで、あらゆるアウトドアフィールドにおいても快適な履き心地が提供される。現在はさらに、足を専門とする整形外科医の力も借り、人間工学的な側面からも快適なデザインを追求し続けている。