訳アリ商品特集 


キャッシュレス・消費者還元事業

kinto

ORIGAMI

バリスタ用品


目的から選ぶ

煎る、挽く、淹れる、入れるなど、コーヒーを飲むまでの過程で使用する商品や、その後のお手入れに必要な商品を目的別にお選びいただけます。

テイストから選ぶ

酸味・苦味の強さや香りなど、お好みのテイストからお選びいただけます。

テイストから選ぶ

ブランド

  • メリタ
    メリタ
  • サエコ
    サエコ
  • 象印
    象印
  • デバイスタイル
    デバイスタイ
  • 青芳製作所
    青芳製作所
  • ボダム
    ボダム
  • ドウシシャ
    ドウシシャ
  • デロンギ
    デロンギ
  • パナソニック
    パナソニック
  • ボンマック
    ボンマック
  • カリタ
    カリタ
  • ハリオ
    ハリオ
  • エスプレッソサプライ
    エスプレッソサプライ
  • オージ
    オージ
  • コーノ
    コーノ
  • UCC
    UCC
  • ビアレッティ
    ビアレッティ
  • ジェネカフェ
    ジェネカフェ
  • ANFIM
    ANFIM
  • CLick Clack
    CLick Clack
  • Cafelat
    Cafelat
  • アスカソ
    アスカソ
  • イズミ
    イズミ
  • カーティス
    カーティス
  • カフィーナ・アルファ
    カフィーナ・アルファ
  • カフェトロン
    カフェトロン
  • タイガー
    タイガー
  • マザーウィング
    マザーウィング
  • メリタバー キューブ
    メリタバー キューブ
  • ラ・チンバリー
    ラ・チンバリー
  • サーモス
    サーモス
  • 月兎印
    月兎印
  • タカヒロ
    タカヒロ
  • 岩城ハウスウェア
    岩城ハウスウェア
  • ハンドプレッソ
    ハンドプレッソ
  • ビタントニオ
    ビタントニオ
  • 富士ホーロー
    富士ホーロー
  • マックマー
    マックマー
  • プジョー
    プジョー
  • ブラバンシア
    ブラバンシア
  • ポーレックス
    ポーレックス
  • エアロビー
    エアロビー
  • ライブコーヒー
    ライブコーヒー
  • アウトレットセール
お買い物の流れ

Fa Coffeeについて

Fa Coffeeは、コーヒーのある生活、コーヒーを通じてのライフスタイルの提案を目指して店舗を運営しています。

2000年頃から始まったブームを経て、今や生活スタイルや目的、人数などに応じて使い分ける人が増えてきている、町中にあるたくさんのカフェ。

そして、自宅でも「もっとおいしいコーヒーを飲みたい!」という欲求からでしょうか、昨年あたりから、コーヒーメーカーやエスプレッソマシンの販売数が前年対比で50%増になったと、ある調査期間の発表もありました。

Fa Coffeeでは、自宅用から業務用まで、定番商品や人気商品、そしてここでしか手に入らない商品なども、豊富に取り揃えており、日々取り扱い数も増やしております。

またオリジナル商品としましては『ジャパン バリスタ チャンピオンシップ』で、優秀な成績を修めた日本のトップバリスタの方々とのタイアップ商品や限定コラボ商品も続々企画中ですので、商品ができあがり次第、このサイトでご案内をしていく予定ですので、ファンの皆さまはどうぞお楽しみにしていてください。

そして、とりわけ、フェアトレードコーヒー豆に関しては、我々はこの一杯のおいしいコーヒーを飲むことによって得られるモノと同時に、生産地・生産者の方々へのお礼が込められていると思っています。そう、一杯のコーヒーはギフトなのです。

まだまだフェアトレードとして入手できるコーヒー豆は少ないかも知れませんが、こちらに関しても、今後取り扱い品数を拡大させて行くように、日々努力をして参りますので、新たな商品を見かけましたら、是非一度ご賞味いただき、ご感想を頂戴できれば幸いです。

今後ともFa Coffeeをよろしくお願いいたします。

コーヒーメーカーについて

コーヒーメーカーとは、ご家庭やオフィスなどで自動的にコーヒーを抽出するための器具・製品で、ドリップ式コーヒーの抽出工程を機械が自動的に行ってくれます。

コーヒーの抽出には味に影響する変動要素が多く、自動的に安定したおいしいコーヒーを淹れられるようにと、開発された製品がコーヒーメーカーです。

抽出方法の主流はペーパードリップ式ですが、なかには繰り返し使用できるフィルターレスタイプの製品もあります。抽出時のお湯の温度が高温になり、かつ注ぎ方もコントロールができませんので、味の調整は使用するコーヒー豆本来の特徴、使用する粉の量、コーヒー豆の挽き具合で行うことになります。

一般的には、高温で抽出されるため、味が重いと感じる場合が多いですが、軽くしたい場合は、粉の量を減らしたり、豆を粗く挽いたりして調整して見てください。逆に薄いと感じる場合は、粉の量を増やすなどして、自分好みの香味のバランスを見つけるのも、コーヒーメーカーで淹れる楽しみかも知れません。

コーヒーメーカーは、各社からたくさんの製品が発売されており、保温機能、ミル機能、浄水機能と機能も豊富ですので、その用途によって選べるのもメリットと言えます。

また、加温タイプの保温機能が付いている製品は、抽出後30分後以降は香味が変質してしまいますので、なるべく早めに飲まれることをおすすめいたします。