お探しの靴がきっと見つかります。東京、上野に実店舗を構えるシューズショップ

  • あす楽
  • ポイント
  • カート
Language Exchange

ROMEO

Style.no RW-8129

Leather:Navy"Abilene"Roughout

「ロメオ」とは、両サイドにゴアを配し、紐を使わずに足にフィットさせる、スリップオンタイプのオックスフォード。

創業当時、主にワークブーツを製造していたレッドウィング社は、世界恐慌の1930年代には積極的に紳士用の短靴を製造するようになりました。

低価格志向が強まり生き残りをかけてそのニーズを取り込もうとしたものだと思われます。

その短靴の品揃えの中で、カタログにロメオが登場したのは、1934年です。

そこから改良を重ね、終盤を迎えと繰り返し、1980年にロメオが再び登場します。

セメント製法では有りますが、ブラウンのフルグレインレザー、17番ラスト、ウエッジ型のクッションソール、ヒールに付けられたプルタブなど、今日に続くデザインを持ったものです。

この商品はアメリカの作業靴市場で今日まで続いています。

ロメオは取り回しの使いやすい作業靴のひとつの型として時代を超えてはかれ続けています。

そのロメオのスタイルをグッドイヤー製法で製造し、日本市場向けに導入したのは1998年。

オロラセット・ポーテージ、ブラック・クローム、チョコレート・クローム、ホーソーン・アビレーン・ラフアウトの4色のレザーと

トラクショントレッドソールを使ったものが登録しましたが、数年後、惜しまれつつも終盤となりました。

惜しまれつつ終盤となったロメオ、今回、ゴア部分を縫うミシン針の形状を見直し、ステッチの耐久性の向上、等の改良を加えたモデルがラインナップに加わります。

FITTING

WORK OXFORD

Style.no RW-9894

Leather:BLACK "KLONDIKE"

1950年に登場した幻のオックスフォード『#895』のディテールを可能な限り再現したモデルです。

通常のオックスフォードとの大きな違いは、2つのレザーパーツを縫い合わせたモカシン型のトゥー部分と、

ライニングの付かない一枚革の腰革をかかとの後ろで縫い合わせて補強の市革を縫いつけたヒール部分です。

FITTING

CAVERLY CHUKKA

Style.no RW-9097

Leather:Black"Featherstone"

ベックマンブーツを中心とするレッドウィングのクラシックドレス・ラインは、社の創業期、20世紀前半の靴をベースに、

今日のレッドウィングの靴作り、素材、テイストをミックスさせてつくられたものです。

レッド・ウィング社は、1905年、開拓記のミネソタで創業しました。

当時の靴は、ワークブーツやハンティングブーツといったヘビーデューティーな用途の靴でさえ、殆どがレザーソールであり、

ドレスシューズとの違いが明白ではありませんでした。

そんな環境で履かれていた靴をベースにしているため、クラシック・ドレスとはいっても

今日のドレスシューズとは異なり、どこかワークブーツに通じる姿をしているのです。

新商品キャバリーチャッカは、そうしたレッドウィングのクラシックドレスらしさを、くるぶし丈のチャッカブーツに落とし込んだものです。

FITTING

CAVERLY CHUKKA

Style.no RW-9098

Leather:Black Cherry"Featherstone"

ベックマンブーツを中心とするレッドウィングのクラシックドレス・ラインは、社の創業期、20世紀前半の靴をベースに、

今日のレッドウィングの靴作り、素材、テイストをミックスさせてつくられたものです。

レッド・ウィング社は、1905年、開拓記のミネソタで創業しました。

当時の靴は、ワークブーツやハンティングブーツといったヘビーデューティーな用途の靴でさえ、殆どがレザーソールであり、

ドレスシューズとの違いが明白ではありませんでした。

そんな環境で履かれていた靴をベースにしているため、クラシック・ドレスとはいっても

今日のドレスシューズとは異なり、どこかワークブーツに通じる姿をしているのです。

新商品キャバリーチャッカは、そうしたレッドウィングのクラシックドレスらしさを、くるぶし丈のチャッカブーツに落とし込んだものです。

FITTING

9086 9086 9088 9091
8271 2995 8145 9874
9268 9013 9196 9866
その他のREDWINGはこちらから

INFOMATION

PAGE TOP