楽天ふるさと納税ロゴ

沖縄県宮古島市

「心かよう 夢と希望に満ちた島 宮古(みゃ~く)」
宮古島市は、沖縄本島より南西に約290km、東京から約2,000kmの場所に位置しています。
宮古島、伊良部島、下地島、来間島、池間島、大神島の6つの島々から成り立っており、面積は約200km²、人口は約54,000人です。 島全体がおおむね平坦で、大きな河川がないため海への土砂流出が少なく、海の美しさは沖縄県内でも随一です。
また、昔ながらの伝統芸能や祭事が生活の中で営まれています。 海をはじめとする自然環境、独特の生活や伝統に育まれてきた「人のあたたかさ」が、宮古島の最大の魅力です。

寄付金額で探す

宮古島のおすすめ

旅行・観光

与那覇前浜
沖縄本島からさらに約300キロ南西へ。1年を通して温暖な気候と自然が残る宮古島。
7kmにわたって続く白い砂浜と透明度の高いエメラルドグリーンの海とのコントラストが印象的な前浜ビーチ、日本の渚百景の一つである佐和田の浜など、「宮古ブルー」とも言われる美しい海。 シュノーケリングをはじめとするビーチアクティビティや、絶景の海辺でのゴルフ、グルメを堪能したりなど、充実の観光スポットがたくさん!
また、水平線に沈む夕日や満天の星空を眺めながら、宮古島のゆっくりとした解放感あふれる島時間で非日常を。
砂川ビーチ
小さな砂山を登った先に広がる素晴らしい絶景は必見♪

砂川ビーチ

隆起珊瑚礁で出来た洞穴と白い砂浜に青い海、ガイドブックでも必ず掲載されているほどの代表的なビーチ。 名前の通り小さな砂山を登った先に広がる素晴らしい景色は目を見張るほどです。
美しすぎる白い砂浜とキラキラ輝く宮古ブルーの絶景フォトスポット

17エンド

真北を0度とすると、170度方角に向かって航空機が着陸してくることから、通称「17END(ワンセブンエンド)」と呼ばれています。
宮古島から車で行ける離島、「下地島」にある下地島空港の先端部分が海岸になっていて、望む海は群を抜いて透明度が高く、日本とは思えないような青と白のグラデーションがひと際美しいといわれています。 干潮時になると沖合まで白い砂浜が広がる幻想的な風景を見ることができ、宮古島屈指の夕陽スポットで、何もない海に沈んで行く夕陽は必見です。
17エンド
東平安名崎
真っ白なテッポウユリが咲き誇る宮古島の最東端

東平安名崎

宮古島の最東端にある約2kmの長く伸びた美しい岬は、国の史跡名勝天然記念物にも指定されている観光名所です。
整備された遊歩道の周辺では県の天然記念物である天ノ梅やテッポウユリなど季節ごとにさまざまな花が咲き乱れます。東平安名崎は日本100景にも選ばれるほどの宮古島観光定番スポットです。 先端にある灯台は「登れる灯台」の一つで、ほぼ360度見渡すことができます。 また日本で唯一、東シナ海と太平洋を見渡すことができ、東シナ海と太平洋の波がぶつかり合う様は圧巻です。

お肉

お肉
宮古島を代表するお肉といえば、宮古牛が最も有名です。肉質等級4等級以上のものを特選、2、3等級のものを準特選とし、とりわけステーキや焼き肉、しゃぶしゃぶなどの料理は、その肉質や旨味を堪能することができます。ちなみに、宮古牛は非常に希少なため、宮古島でも限られた飲食店でしか味わうことができません。精肉としても、宮古島でも取り扱い店舗が限られ、まさに幻の高級和牛なのです。ぜひその機会を逃さず、厳選された極上の味をお楽しみください。

果物

果物
宮古島市では地元の農家さんが大事に心を込めて育てた個性派揃いの新鮮なトロピカルフルーツが人気です。
全国収穫量トップの“マンゴー”は、芳醇な香りと果肉は柔らかでジューシー。 濃厚な甘みが口いっぱいに広がり、一度食べたら忘れられない味わいです。 6月~8月頃の旬の時期には、「マンゴー共和国」というイベントも開催され、毎年多くの人でにぎわいます。 定番フルーツから、「どんな味がするのだろう?」と見たこともないフルーツまで、“おいしい”を通じて、島の文化と魅力をお届けします。

生産者の声

  • 松本さん

    ラムとココナッツオイルで香りづけした黒糖蜜に、9種類のナッツとフルーツを漬込みました。 農業生産法人 株式会社 オルタナティブファーム宮古 
    松本 克也 様

    黒糖蜜は、自社栽培の有機サトウキビを原料に、伝統技術に基づいて手仕事を積上げて作った、サトウキビの本来の旨さを凝縮した濃厚なシロップです。 「生きた土で育てること」、「生鮮作物として鮮度を保って仕上げること」、「丁寧な灰汁取り」など、専業ならではの技術に裏付けされた美味しさがあります。 ナッツ(アーモンド、クルミ、カシューナッツ、マカダミアナッツ、ヘーゼルナッツ、ピスタチオ、かぼちゃの種)とフルーツ(パイナップル、レーズン)が、バラエティ豊かな食感と旨みをもたらし、一口ごとの新鮮な楽しみがあります。

    商品はこちら
  • 麺屋サマー太陽さん

    お腹も心も満たされる至福のひと時を。麺屋サマー太陽
    今泉 亮様/今泉 奈穂子

    【幻!宮古牛ホル麺】と【宮古島産車海老の濃厚!味噌そば】
    お店の出来立てスープ(具入り)と打ち立ての自家製麺をそのまま急速冷凍。スープ湯煎で温めて、麺を茹でるだけで、宮古島の店舗の味を楽しめます。 味噌仕立てのスープに自家製麺、幻の宮古牛のホルモンたっぷり&とろとろソーキの煮込み入りのホル麺と宮古島産車海老う2尾入りの宮古島産車海老の濃厚!味噌そば、 どちらも具たっぷりでご満足いただけると自信をもってオススメします! ご自宅に居ながら宮古島の風を感じてください。

    商品はこちら

寄付金の使い道

1

エコアイランド宮古島応援コース

宮古島市は、台風や干ばつの被害を受けやすい自然環境と、生活用水を含む水源のすべてを地下水に依存しているため、環境保全は最重要課題です。このコースでは、各地域の小さな取り組み・活動をきっかけに、ともに考え行動し地球環境にやさしい「エコアイランド宮古島」づくりに向けた活動を展開します。

2

スポーツアイランド宮古島応援コース

宮古島市は、スポーツイベントを活用した人材育成と交流促進を基本に「スポーツアイランド宮古島」を目指しています。このコースでは、トライアスロン大会や島内マラソン大会などの様々なスポーツイベントの開催や、温暖な気候を活かした各種スポーツのキャンプ誘致など、すべての人がスポーツに親しむことができる活動を展開します。

3

宮古島の子育て応援コース

宮古島市は、妊娠・出産、子育て期における支援の充実や、待機児童の解消等、子どもたち一人ひとりの豊かな生活環境の確保に向けた取り組みを推進しています。 このコースでは、安心して子育てができる環境づくりをより一層進めるための支援体制を充実させる活動を展開します。

4

宮古島の人材育成応援コース

宮古島市では、未来を担う子どもたちの「生きる力」の育成に向け、教育環境の整備等、様々な取り組みを推進しています。 このコースでは、多様な学習意欲や興味関心に応じた学習の機会の創設など、ニーズに即した活動を展開します。

5

がんずう( 健康 )宮古島応援コース

宮古島市は、WHO 西太平洋地域における健康都市連合に加盟し、地域の健康づくりに取り組んでいます。このコースでは、人とまち、自然を含めた健康づくりを進める活動を展開します。

6

芸術・文化振興の宮古島応援コース

宮古島市は、芸術、文化の振興を図り、市民生活および活力ある宮古島の実現に向けた活動を展開します。

7

市長お任せコース

上記のコース以外に寄附金の使途を宮古島市長におまかせする「市長おまかせコース」もあります。みなさまの善意からお寄せいただいた寄付金は、大切に活用させていただきます。

©Miyakojima City.