日田で育った和豚もちぶたは味にばらつきが少なく美味しくいただけます。

マスカットの芳醇な香りと皮ごと食べられる爽やかさが人気の逸品です。

庶民派グルメとして40年以上続く多くのファンを持つホルモンです。

包丁の刃あたりが良いイチョウまな板と摩耗の少ない竹製品のターナー・ピラフです。

緑豊かな自然の中で生まれ育った柚子を使用したこだわりのセットです。焼き物・揚げ物・鍋物等、四季を通してお使いいただけます。

限定品15巻発売記念「進撃の巨人」ポストカード・切手セット(聖地特別限定品)です。

日田杉の間伐材を合板加工した板を使用した、軽くて強いまげわっぱ(弁当箱)です。

本格焼酎「特撰いいちこ日田全麹」と「iichiko SUPER HITA」のセットです。

豊かに香る、深いコク。水郷日田の名水を生み出す豊かな森にたたずむ、九州日田工場で作られたヱビスです。

豊かに香る、深いコク。水郷日田の名水を生み出す豊かな森にたたずむ、九州日田工場で作られたヱビスです。

九州日田工場で作られた、何杯飲んでも飲み飽きない、ビール好きの大人たちに愛されるビールです。

日田市で親しまれている鉄板焼ステーキ専門店”和くら”の上撰牛と特撰牛の切り落としを使用した100%和牛ハンバーグ。

豊かな自然に恵まれた大分県で育ち、極上のうまみとなめらかな舌触りでお肉好きが思わずうなる、美味しい豚肉です。

日田杉を使用した起き上がり小法師です。 九州北部豪雨からの復旧・復興に向け、必ず立ち上がる!との思いを込めて作られました。 可愛らしい手のひらサイズです。

水郷日田の清らかな水で丹念に育てられた鰻を厳選してお届けします。

クエン酸がたっぷり含まれているので、スポーツ後の栄養補給や風邪対策におススメします。

九州日田工場で作られた、何杯飲んでも飲み飽きない、ビール好きの大人たちに愛されるビールを。

藤田の蜂蜜は国産天然100%です。花の種類によって味や香り、色はそれぞれ違います。色々な花の自然の風味を是非お楽しみください。

中心部の光源からの光で素材の美しさと造形の面白さが引き立ち、“光るオブジェ”としてあなたのお部屋を彩ります。

日田杉の香りと品質を保持した日田ならではの使いやすい製品です。脚を折りたためます。受注生産、自然木を使用しているため1本1本木目や色合いが様々です。

とろけるような触感、口の中に広がる香り、自然豊かな豊後の地から心を込めて豊後牛を。

日田で育った和豚もちぶたのしゃぶしゃぶ・焼肉セット。味にばらつきが少なく美味しくいただけます。

日田市大山町の梅干しです。添加物や着色料を一切使用しない、伝統的な味をご賞味ください。

日田杉の木目が美しく、高級な質感を追及したデザインで、浴衣や着物はもちろん、カジュアルウェアでも足元を飾れる下駄です。

水郷日田の清らかな水で丹念に育てられた鰻を厳選してお届けします。

田杉を使用した木布と本革を組合せたカード入れ。革職人が一つ一つ丁寧に仕上げています。 革部分は、ブラック、ダークブラウン、オレンジ、レッドの4色より1つお選びください。

杉の天然木の耳を活かしたテーブルです。

ゆったりとくつろげる大きめサイズの設計。羽毛入りのクッションが上質な掛け心地を提供します。

自然の恵み豊かな水郷日田の地で生まれた天然ミネラルウォーターです。1年間、1箱(2Lペットボトル10本)ずつお届けします。

豊水郷日田の名水を生み出す豊かな森にたたずむ、九州日田工場で作られたヱビスです。350ml缶12本入りセットを6か月間お届けします。

日田の肥沃な土地が育てた美味しい産直野菜。6か月間、季節に応じて毎月旬の野菜をお届けします。

肉色がワインレッドのように赤く、風味豊かでとろけるような味わいが特徴の豊後牛のセット。

身体の重心移動や足を動かすことでスイング。お好みの位置で静止し、自由におくつろぎください。

円卓を囲むダイニングテーブルとソファのセット。家族団欒の時間に円卓を「円」になって囲い家族の「縁」を深めてください。

太古より満々と
水をたたえ

北部九州のほぼ中央、大分県の西部に位置し、福岡県と熊本県に隣接する日田市。日田地域の山地には原生林が残っており、この自然林が清流を生み、自然景観や農産物を育んでいます。
日田盆地で合流した清流 ・ 三隈川は、その後筑後川として筑後・佐賀平野を貫流し有明海へと流れ込み、その流域住民と福岡都市圏住民の生活や産業を潤しています。

受け継がれる
伝統と歴史

日田市が「天領日田」と呼ばれる所似の一つに、「古代から人や物が行き交う場所だった」事が挙げられます。街道が整備され河川の水運も盛んに行われ、歴史的に、交通の要衝として位置づけられていました。 350年の伝統がある「日田祇園祭」でもその歴史が垣間見えます。疫病や災害を祓う厄除け神事である日田祇園祭の山鉾の初期は、小規模なものでした。しかし、山鉾技術の発達と、街道が整備され、商人が経済力を持つようになり、町人文化が花開いた江戸時代には競うように豪華な山鉾を作るようになったといわれています。

地域の活性化に関する事業

森林の保全及び育成に関する事業

高齢化対策に関する事業

その他基金の設置目的を達成するために市長が必要と認める事業