KUMAMOTO

500年、城と生きる町へ。
くまもと

コロナ復興支援返礼品Stop Covid-19

新型コロナウイルス感染症の影響による外食需要や国内外からの観光客の激減、各種イベントの中止等により
熊本を代表する特産品である農産物の消費が落ち込んでいます。
本市では、特に感染症の影響を大きく受けた農産物や特産品を生産される事業者をふるさと納税で支援します。
農産物の消費の拡大には、みなさんの力が必要です。力強い応援をお願いします!

復興のシンボル「熊本城」

「日本三名城」のひとつに数えられ、熊本城初代藩主であり築城の名手として知られる加藤清正(かとうきよまさ)が、慶長6年(1601年)から7年の歳月をかけて築いたとされる天下の名城です。2016年の熊本地震で、屋根瓦や石垣が崩れるなど大きな被害を受けましたが、全国からの多くの支援により段階的に復旧が進み、2021年春には「復興のシンボル」として天守閣が完全復旧する予定です。

RANKING返礼品ランキング

RECOMMENDおすすめ返礼品

  • 手造りアイスキャンデー詰め合わせ 20本
    10,000円

  • 熊本サブレ 60枚 20枚入り×3箱
    10,000円

  • あか牛ハンバーグ 合計720g 120g×6個
    10,000円

  • チーズケーキセット 776CHEESECAKE 4号 2種類
    10,000円

  • 岡田の珈琲と木の実のタルトドリップコーヒーセット
    10,000円

  • 福田屋 熊本和栗庵 詰め合わせ5点セット
    20,000円

  • 熊本 馬刺し 「6種馬刺し食べ比べセット」 計600g
    15,000円

  • 熊本いきなり団子 20個
    10,000円

  • 国産 赤身馬刺し 600g
    10,000円

豊かな「農産物と食」

豊かな自然に恵まれた熊本市は、米、野菜、果樹、花き、畜産など、さまざまな農産物の生産が盛んです。
産出額は政令指定都市で3位、全国市町村でも8位を誇ります(2017年)。

馬肉料理

熊本の郷土料理と言えば馬肉料理をイメージする方は多いのではないでしょうか?熊本県は馬肉の生産量が全国1位!熊本城の城主・加藤清正が食し始めたのが「馬肉文化」の始まりと言われています。別名「桜肉」とも呼ばれる馬肉はビタミン、ミネラルなどの栄養価は高いのに、低カロリー&低コレストロールでとてもヘルシーな食材です。

すいか・メロン

熊本市の北部に位置する植木町のすいかは出荷量日本一。「植木のすいか」は全国的にも有名ブランドです。またメロンも全国有数の生産地で、北部の植木、東部、南部の富合、城南地域などを中心に広く生産されています。

日本一の地下水都市

WATER

74万人の人口を有し、上水道水のすべてを天然地下水でまかなう熊本市。人口50万人以上の都市では日本唯一、世界でもめずらしい地下水都市です。 "蛇口をひねればミネラルウォーター"という恵まれた環境にあり、熊本市にいらっしゃれば、飲料水だけでなく、料理もお風呂も、すべてがミネラルウォーターという贅沢な体験をすることができますよ。

アクセス良好な「九州の拠点都市」

熊本市は九州のほぼ中央という、地理的に恵まれた場所です。2011年には九州新幹線が全線開業し、福岡市(博多駅)までは最速33分、鹿児島市(鹿児島中央駅)からは最速44分と移動時間が短縮されたことで生活だけでなく観光の利便性も大きく向上しました。九州内の各県とも隣接していることから、さまざまな観光地への行き来も簡単です。

また、県内の各地へもアクセスしやすく、東に行けば阿蘇、西に行けば天草など、主要な観光地に足を運ぶことができます。 熊本市を拠点にすれば、熊本県内や九州内の旅行を、効率よくお楽しみいただけると思います。

すべてが熱い!くまもとのイベント

カテゴリから探す

寄附金の使い道

01

新型コロナウイルス感染症の影響により、取り巻く状況が一変した子ども達や、ひとり親家庭の方など、厳しい経済環境下におかれた市民の皆様を応援するため「新型コロナウイルス感染症対策」を新設します。

皆様からお預かりした寄附金は、ひとり親家庭の支援や子ども食堂の応援、子ども達の学びの環境向上などをはじめとして、本市の感染症対策の取組に有効活用させていただきます。

02

熊本地震により熊本城は甚大な被害を受け、その復旧・復元には、長い年月と莫大な費用を要することが見込まれています。 こうした中、熊本城では、多くの皆様からご支援をいただき、天守閣や飯田丸五階櫓の復旧工事や城域内の安全対策等に活用させていただいております。熊本市では、今後も熊本城の復旧・復元に向けて全力で取り組んでいきます!

※「城主証・城主手形」をお選びいただいた方には、熊本城の復興城主「城主証」、熊本市が管理する観光施設への入園が無料になる「城主手形」(個人でのご寄附に限ります)をお送りいたします。また、熊本城内の観光施設「桜の馬場 城彩苑」 にある、「熊本城ミュージアムわくわく座」の大型スクリーンでお名前等をご覧いただけます。

03

熊本地震により、国指定史跡「熊本藩主細川家墓所」や県指定重要文化財「洋学校教師館(ジェーンズ邸)」など、多くの文化財が甚大な被害を受けました。 熊本市では、こうした被災文化財の復旧・復元に全力で取り組んでいます!

【いただいた寄附の活用事例】
・市指定史跡「夏目漱石内坪井旧居」の復旧

熊本地震の影響により建物が全体的に損壊し、内壁・外壁の剥落や、傾斜などが見られます。
今後、文化財としての価値を損なわないよう慎重に復旧工事を実施し、震災前の形に復元する予定です。

04

熊本地震により、市民会館シアーズホーム夢ホールをはじめとする熊本市の文化ホールは甚大な被害を受けました。
熊本市では、こうした被災文化施設の復旧やエンターテインメントにより市民を元気付ける施策に全力で取り組んでいます!

【いただいた寄附の活用事例】
・市民会館シアーズホーム夢ホール及び健軍文化ホールの復旧
・くまもと復興映画祭及び市民会館復興記念コンサート
・地元アーティスト支援事業「アーティストスポット熊本」の開始 等

05

熊本市では、熊本地震で被災された方々の暮らしを一日も早く再建するため、被災者の生活再建支援や公共施設の復旧などにも全力で取り組んでいます!

【いただいた寄附の活用事例】
・ 被災者への住まいの支援として宅地耐震化推進事業を行いました。
・ 被災した小中学校の校舎や体育館の復旧工事を行いました。

06

熊本市では、大きく変化している地域社会の課題にきめ細やかに対応するため、新たなまちづくりの担い手であるNPOやボランティア団体が行う市民公益活動を支援しています。
皆様からいただいた寄附金は、NPOやボランティア団体が行う「熊本市をよりよくする活動」をサポートするために、大切に使わせていただきます。

【いただいた寄附の活用事例】
・里親制度を普及啓発するための講演会や研修会の実施
・英語で観光ボランティアガイドができるようになる子ども向け養成講座
・遊水地の芝生緑地整備による減災活動 等

※5千円以上寄附していただいた方には、熊本市が管理する観光文化施設への入園が無料になる会員証をお贈りいたします。

07

熊本市では、次代を担う子どもたちが、いきいきと、たくましく、健やかに育つ環境をつくるため、子ども食堂や子育てを支援する活動を行う個人・や団体の皆様を助成しています。 皆様からいただいた寄附金は、熊本市の子どもたちのために、大切に使わせていただきます。

【いただいた寄附の活用事例】
・子ども食堂による食事の提供、食育、地域交流 等
・おやじの会(父親による子育て支援活動)によるスポーツイベント、キャンプ
・子育て支援団体による子育て講座、相談会、勉強会

08

熊本市では、電車騒音の低減やヒートアイランド現象の緩和等を目的に、市電の軌道敷に芝生を植え緑化する「市電緑のじゅうたん」事業を実施しています。 皆様からいただいた寄附金は、この芝生の維持管理のために、大切に使わせていただきます。

【いただいた寄附の活用事例】
・緑のじゅうたん(芝生)の維持管理
緑のじゅうたんの景観を保つため、定期的に草刈り、除草及び水やりを実施しています。
・散水陸車の購入
道路と市電の線路の両方の走行を可能にした散水軌陸車を全国で初めて導入し、毎年の緑のじゅうたんの維持管理費が軽減されています。

※3千円以上寄附していただいた個人(市民サポーター)及び1万円以上寄付していただいた団体(オフィシャルサポーター)の方には、熊本市の観光施設等が割引利用できるサポーター証をお贈りします。
※1万円以上寄附していただいた個人(市民サポーター)及び団体(オフィシャルサポーター)の方には、上記サポーター証のほか、ご希望により本市ホームページや電停芳名板にお名前を掲示いたします。

09

熊本市では、将来のリーダーとなる人材を育てるため、社会に貢献しようという熱意ある方々を支援しています。 皆様からいただいた寄附金は、海外や国内での研修費用の助成など、社会の各分野で指導的役割を果たす人材を育成するために、大切に使わせていただきます。

【いただいた寄附の活用事例】
・文化、環境、社会福祉など様々な分野における研修受講費用への支援
・全国大会優勝など顕著な功績を収めた方への表彰 等

10

熊本市では、スポーツの普及・啓発を目的とし、活躍が期待される選手への応援や大規模なスポーツ大会の招致及び開催の支援など、スポーツ振興事業を推進しています。
皆様からいただいた寄附金は、全国大会等出場選手に対する出場激励金や大会で優秀な成績を収めた個人または団体への顕彰など、熊本市のスポーツ振興のために、大切に使わせていただきます。

11

令和11年(2029年)に開園100周年という大きな節目を迎える熊本市動植物園では、ご来園頂いた方々に動植物を通じ、自然の大切さや命の尊さなどを学び、新たな発見を提供することを使命とし、取り組んでいます。
皆様からいただいた寄附金は、動物の福祉に配慮した飼育環境の改善や展示方法の充実を図るために、大切に使わせていただきます。

【いただいた寄附の活用事例】
令和3年度は、新たなレッサーパンダの受け入れに向けた獣舎の整備等に活用させていただきます。

※2千円以上寄附していただいた個人の方は、1年間入園料が無料となるブロンズ会員に認定します。 ※1万円以上寄附していただいた個人の方は、1年間入園料が無料となるほか、動植物園でのイベントに参加できるゴールド会員に認定し、熊本市動植物園オリジナルガイドブックの進呈(R4.1完成予定)や、ご希望の方には、熊本市動植物園ホームページ等へお名前を掲載します。