時を楽しむ時津町

モノ消費からコト消費の変遷が言われて久しい中、トキ消費」という新しい考え方が生まれています。その時、その場でしか味わえない価値を楽しむという考え方です。

時津町は、「時」という文字が使われる日本で唯一の自治体です。

例えば、朝もやの中で人が行きかう時津港の朝市…
例えば、古くより語り継がれる鯖くさらかし岩…
例えば、空が藤色に染まって行く大村湾の夕景…

長崎市内から車で約25分の時津町には、生活・文化・景色など、あらゆる「時」を感じることができる、多くの魅力が詰まっています。

  • 江戸時代、長崎と小倉を結ぶ「長崎街道」の海路街道として、長崎の西坂、浦上、そして時津を経て彼杵(現東彼杵町)への大村湾を通る海路へと至る「時津街道」がありました。
    長崎街道に比べ、時津街道は西坂から彼杵までの旅程を1日短縮することができたため、交通手段が発展していなかった江戸時代には、時津街道が多く利用されていました。
    現在でも高速船による長崎空港への大村湾の海路や、高速道路に繋がる川平有料道路などの主要幹線が通っており、時津は今も昔も変わらず、交通の要衝となっています。

時津町の特産品

  • 時津といえば「とぎつまんじゅう」といわれるくらい、その味と名は広く知られ、百数十年の伝統を有しています。皮とあんこのバランスが絶妙で、できたてのまんじゅうは格別です。
  • 甘みと酸味をほどよく含んだ本町の巨峰は格別です。本町のぶどう栽培は昭和36年から始まり、現在では県内最大の産地規模を誇っています。
  • 太陽の光をたくさん浴びて育った本町のみかんは、全国の市場で高い評価を受けています。今後も優良品種を安定して出荷できる銘柄産地を目指しています。
  • 海からの潮風と太陽をしっかり受けて、甘みが強く、大玉で食べごたえのあるびわを栽培しています。
  • 平成17年に巨峰栽培者や酒販店、飲食店の方々が時津ワイン研究会を発足し、委託製造を開始しました。生食用の「巨峰」100%を原料に使った安全・安心のワインです。

  • 大村湾漁協が2年の歳月を経て生み出した黒なまこの石鹸。特に、乾燥肌になりやすい方におすすめです。

  • 波静かな大村湾は、塩分濃度が外海より低く、夏と冬の水温の差が大きいため、そこで取れるナマコは身が適度に柔らかく、独特の歯ざわりが多くの人に好まれています。

寄附金の使い道

  • 町長におまかせ
  • 住民との協働による安全・安心のまちづくり
  • 子どもたちが健やかに成長できるまちづくり
  • 高齢者が健康で快適に生活できるまちづくり
  • 都市基盤・生活基盤の整備

時津町は、長崎市の北部に隣接し、波静かな大村湾に面した人口約3万人の町です。
町内には2本の国道と長崎空港を25分で結ぶ高速船があり、
九州自動車道や県庁にも約25分でアクセスできる交通の利便性に富んだ町です。

交通アクセスにも恵まれ、近年は国道沿線に大型商業施設の進出が著しく、近隣市町からの買い物客も含め、
国道206号は、1日交通量が4万台を超す状況となっています。

このような活気あふれる時津町のますますの発展のため、皆さまの応援をよろしくお願いいたします。