Introduction

大阪府岸和田市のご紹介

  • Introduction

    情緒あふれる城下町

    市内には旧石器、縄文時代から中世までの各時代の集落や古墳、街道など、時代や種類が多岐にわたる約200の遺跡が残っています。 市のシンボルともいえる岸和田城には、作庭家・重森三玲による岸和田城庭園(八陣の庭)があり、その芸術的・学術的価値から、国の名勝に指定されています。 また岸和田城周辺には五風荘や自泉会館などの歴史的建造物が残っており、歴史や文化の香りが感じられる情緒あふれる街並みを楽しむことができます。

  • Point

    海と山。豊かな自然

    北西から南東に細長い地形で、臨海部、平地部、丘陵部、山地部と、海から山まで多様な自然環境を楽しむことができます。 また、市内には多くのため池があり、中でも「世界かんがい施設遺産」に登録されている大阪府指定史跡・名勝の久米田池は府内最大の水面面積を持ち、市民の憩いの場であると同時に、その歴史的価値も含めて重要な資源となっています。 また、国の天然記念物に指定されている天然ブナ林のある和泉葛城山ではトレッキングコースが整備されているほか、フクロウの棲む森、体験しながら学ぶことができる自然資料館など、豊かな自然が市民の暮らしに溶け込み、市民の手によって大切に守られています。

  • Point

    彩り豊かな地のモノ

    海岸部では漁業が盛んで、いかなごやしらす、いわしなどが獲れ、漁獲高は府内1位。 農業では水ナスや桃、甘いにんじん「彩誉(あやほまれ)」など多くの特産品があります。 中でも菊菜の生産高は全国でも上位を誇ります。こうした海から山までの実り豊かな土壌を背景に、がっちょの唐揚げやかしみん、和菓子など、庶民に愛される食文化が培われています。 また、漁港のマルシェや道の駅「愛彩ランド」など、食を核としたにぎわい拠点もあり、地産地消に根ざしています。

Ranking

ランキング

  • 110,000

  • 110,000

  • 51,000

  • 50,000

  • 12,000

New arrival

新着の返礼品

  • 24,000

  • 10,000

  • 470,000

  • 18,000

  • 10,000

  • 20,000

How to use donation

ふるさと納税の使い道

「ふるさと納税」寄附金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。 寄附を希望される皆さまの想いでお選びください。

  • 市長におまかせ(使途を指定しない)

    市長が魅力あるまちづくりに必要と考える事業に活用させていただきます。

  • 1

    子ども達の健やかな育成のために

    (岸和田の未来を担う子どもたちが健やかに育つまちを目指し、出産・子育て環境や教育環境の充実など安心して子どもを生み育てられる環境づくり等に活用させていただきます。)

  • 2

    だんじり祭などの郷土文化の継承のために

    (城下町としての歴史と伝統が息づく岸和田には、「岸和田だんじり祭」をはじめとした伝統行事や文化が残されています。市民によって守り継がれているだんじり祭の振興や岸和田の歴史・文化が次世代に引き継がれるよう文化財の保全・活用等に使わせていただきます。)

  • 3

    海から山までの地勢をいかした産業の振興と市街地の形成のために

    (岸和田は、和泉葛城山から大阪湾へと変化に富んだ地勢をいかし、農業や林業、水産業、そして地場産業を育むなど、古くから多様な産業が発展してきました。この多様な資源を活かしあい、そして新たな魅力創造や情報発信を図るため、産業・観光の振興や拠点・ネットワークの形成等に活用させていただきます。)

  • 4

    大都市近郊に残る豊かな自然環境の保全と共生のために

    (豊かな自然環境を次世代に引き継ぐために、岸和田では、市民団体・民間企業・市が連携した里山再生等の取り組みを行っています。海から山をつなぐ水と緑のネットワークの形成や自然と触れあう場所づくり、また地球環境への負荷を抑える取り組み等に活用させていただきます。)

  • 5

    芸術、文化やスポーツに親しむ環境づくりのために

    (豊かな芸術・文化に触れることのできる環境づくりや、スポーツの振興に活用させていただきます。)

  • 6

    生涯にわたる健康の維持・増進と福祉の充実のために

    (高齢者や障がい者をはじめ誰もが住み慣れた地域で、安心して暮らし続けられる生活環境づくりを目指し、健康・福祉の充実に活用させていただきます。)

  • 7

    災害に強いまちづくりのために

    (近年全国で地震や風水害が増加しています。これらの災害に対する防災対策や、災害被害を最小限に抑える体制づくりに活用させていただきます。)

  • 8

    新型コロナウイルス感染症・その他の感染症対策のために

    (新型コロナウイルス感染症・その他の感染症対策に関する事業に活用させていただきます。)

  • 特段のご希望がなければ、市政全般に活用いたします。