緑と、水と、太陽の町。まつかわ

くだものの里ならではの
返礼品を
ご用意しました。

お知らせ

全国の皆さまにご支援いただきまして誠にありがとうございます。
年末年始の取り扱いについて、こちらをご確認ください。

まつかわ

ちょっといい、ちょうどいい、此処にふるさと

松川町ってどんなところ?

中央アルプスと南アルプスの間の大きな「谷」、伊那谷。雄大な山々の麓には、深い森や恵み豊かな里山が広がっています。芽吹きの春、青葉がまぶしい夏、紅葉の秋、しんと冷え込む冬と、四季の移り変わりは鮮やか。いつ訪れても心うばわれる、美しい風景に出逢えます。
果樹栽培の歴史は100余年。松川町は四季折々さまざまなくだものが実る「くだものの里」です。

町営温泉施設「清流苑」、森林セラピー基地「およりての森」、信州のサンセットポイント百選にも選ばれた「観陽丘」などの自然に囲まれた観光スポットや、城跡・台城公園の「台城つつじ祭り」、7年毎行われる伝統行事「御柱祭」などの地域の行事も魅力です。

豊かな自然とおいしい特産品豊かな自然とおいしい特産品

長い日照時間と適度な寒暖差を生かし、まつかわは古くから「くだものの里」として知られてきました。魅力はなんといってもくだものの種類と農家件数の多さ。春のさくらんぼから始まり、ブルーベリー、桃にぶどう、梨、そして主力のりんごまで、ほぼ一年中くだものが楽しめます。
「りんごワイン・シードル特区」でもある松川町。町内の醸造所は3つに増え、さまざまな味わいの「ワイン」、「シードル」に出逢えます。おいしいくだものを使った果実飲料はもちろん、安心安全にこだわったお米や豚肉など、おいしい特産品がたくさんあります。

Use donations

寄付金の使い道

「くだものの里まつかわ」応援寄附金の使い道は、次の4つからお選びいただけます。
寄附金は、ご希望いただいた使途に沿って大切に使わせていただきます。

  • 自然環境・農村景観・公園整備事業…自然豊かなくだものの里を応援します。

  • 子育て・教育・人材育成事業…未来を担うりんごっ子たちを応援します。

  • 高齢者の生きがいづくり・公共交通事業…故郷まつかわの父(ちち)母(はは)を応援します。

  • 使途を限定しない。