長野県川上村 信濃川に至る千曲川源流の里

長野県川上村 信濃川に至る千曲川源流の里

  • 山地
  • レタス畑
  • 星空
  • 高知城
  • 冬景色
  • 夕焼け




長野県川上村の紹介

長野県川上村の紹介

イメージ1

悠久の大自然

悠久の大自然

川上村は、長野県の最東部に位置し、信濃川の源流を有しています。秩父多摩甲斐国立公園に指定され、金峰山、甲武信ケ岳など関東山地の主峰が連なり、高山、亜高山帯の一部は、特別地域として保護されています。
新緑の春、レタス畑の広がる夏、カラマツの紅葉に包まれる秋、ウィンタースポーツでにぎわう冬など、四季折々の楽しみ方ができる自然豊かな村です。

イメージ2

レタス生産量日本一の野菜王国

レタス生産量日本一の野菜王国

全村が標高1,100m以上の高所にあり、日本一の生産量を誇る夏レタスをはじめ、高原の冷涼な気候と、昼夜の大きな寒暖差を生かした全国有数の高原野菜の産地で、30種類以上の野菜を栽培しています。

イメージ3

満天の星空

満天の星空

煌びやかに多くの希望を映し出す星空が頭上いっぱいに広がっています。
川上村出身の油井亀美也宇宙飛行士は少年時代、川上村の美しい星空を見上げ、宇宙の想いを馳せ、宇宙への憧れを抱いたと言われています。

イメージ4

大深山遺跡・秘境の川上犬

大深山遺跡・秘境の川上犬

大深山遺跡は、縄文時代中期(4500~5000年前)の遺跡で、標高1,300mの台地にあり、遺跡としては国内最高所に位置しています。竪穴住居跡が50カ所、数万点に及ぶ土器や石器が発見されており、住居跡には2棟の竪穴式住居が復元されています。

その昔、川上犬は村の主産業であったカモシカ猟で活躍してきた猟犬で、運動能力が高く従順で勇猛です。昭和58年に長野県天然記念物に指定されており、村民の暮らしと共に生き、今でもその純血種を守り続ける名犬がいます。

寄附金の用途

寄附金の用途

「ふるさと納税」寄附金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
用途

水環境の保全と森林育成

豊かな生態系の確保と、美しい日本一の清流を守るため、流域の環境保全と水質保全を進める取り組みに活用します。また、二酸化炭素の吸収源として、地球温暖化防止に貢献するための森林育成に係る取り組みに活用します。
用途

少子高齢化社会を支える村づくり

住み慣れた地域で安心と喜びを持って暮らせる社会を築くため、高齢者や介護者へのサポート及び介護予防事業の充実に係る取り組みに活用します。また、医療費の助成や安心・安全な居場所の確保等、子どもたちを安心して生み育てる環境を備えた、住みよい村づくりを進める取り組みに活用します。
用途

文化財保護

この地域で、守り残されてきた文化財は、大深山遺跡や柏垂遺跡などの史跡やアズサバラモミやリンキといった樹木、川上犬などの動物、おかたぶちなどの行事があります。これらの貴重な文化財の保護と活用を行い、みんなで文化財を守り育てる活動を続けるための取り組みに活用します。
用途

災害に強い新庁舎等の建設

近年は異常気象の影響により、台風や集中豪雨等の災害が多く発生しています。災害に強い村づくりを進めるため、防災機能の強化や村民の利便性の向上、再生可能エネルギーの活用等を踏まえた役場庁舎、また、有事の際には避難所となる交流防災センターを建設するための取り組みに活用します。
用途

総合計画に基づく各種支援

用途

使い道は指定しない

長野県川上村トップページへ

営業日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading

※赤文字は休業日です。

side-right