海と大地が響きあう

北のワンダーランド




 

<八戸市にお住まいの方へ>

平成29年4月1日付の総務省通知の中の、「当該地方団体の住民に対し返礼品を送付しないようにすること。」に則り
八戸市では八戸市にお住まいの方からの寄附に対しては、お礼品の送付を致しません。
何卒、ご理解くださいますようお願い申し上げます。

<詐欺サイトにご注意ください!>

ふるさと納税の画像や返礼品名を不正にコピーした悪質なサイトが確認されています。
怪しいと感じた場合は、お申込みされる前に八戸市までご確認いただく等、
悪質な詐欺には十分ご注意ください。
八戸市でのふるさと納税寄附申し込みサイトにつきましては、公式HPにてご確認ください。

青森県八戸市とは

What is Hachinohe City

太平洋に面した青森県の南東部に位置し、
岩手県北地域を含めた南部地方の中心として古くから栄えてきた八戸市。
全国有数の水揚げを誇る水産都市として、
東北有数の工業都市として、成長を続けてきました。
さらには、市街地からほど近い場所に種差海岸の美しい自然が広がり、
狭い面積の中に漁業・工業・自然の多彩な魅力をあわせ持っていることが、
八戸市の大きな魅力となっています。

市民の花 「菊」

市民の鳥 「ウミネコ」

市民の木 「イチイ」

おすすめ観光&イベント

Sightseeing & Events

八戸えんぶり
毎年、初春の神事として行われる予祝芸能。
2月17日の早朝に30組を越える「えんぶり組」が八戸市長者山の長者山新羅神社に詣でた後に同市の商店街で一斉摺りを行います。
中心街に集結した30数組のえんぶり組による一斉の舞は圧巻で、数あるえんぶり行事の中でも最大の見どころの一つとなっています。
八戸三社大祭
およそ300年の歴史と伝統を誇る、国の重要無形民俗文化財「八戸三社大祭」(はちのへさんしゃたいさい)。
2016年12月1日には、ユネスコ無形文化遺産「山・鉾・屋台行事」に登録されました。

毎年7月31日から8月4日までの5日間、八戸のまちが独特の熱気に包まれ、期間中の人出は100万人以上。青森県には青森ねぶた祭・弘前ねぷたまつり・五所川原立佞武多など津軽地方を中心に有名な夏祭りが多いですが、それらに全く引けを取らない活気と迫力を誇るお祭りです。
蕪島
種差海岸(たねさしかいがん)の最北に位置し、ウミネコの繁殖地として国の天然記念物に指定されている蕪島(かぶしま)は、ウミネコの繁殖の様子を間近で観察することができる国内唯一の場所。毎年3月上旬頃に蕪島に飛来するウミネコは、4月頃に産卵をはじめ、6月頃にはヒナがかえります。そして、8月頃には蕪島を旅立っていきます。
5月中旬には島に菜の花が咲き乱れ、菜の花の黄色、蕪嶋神社の鳥居の赤、白いウミネコと青空のコントラストが美しい光景を見ることができます。
種差海岸
大須賀海岸から白浜に続く広大な砂浜を抜け、険しい岩々が連なる田村崎、
ひっそりとした深久保漁港を越えると、樹齢100年もの松並木が広がる「淀の松原」(よどのまつばら)。
松の木の合間からは、荒々しい海岸線とウミウの糞によって白く変色した「白岩」(しらいわ)が顔を見せ、まるで水墨画のような和の美しさをたたえています。
アップダウンのある松並木の遊歩道散策は爽快そのもの。

寄附金の使い道

「ふるさと納税」寄附金は、上記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄附を希望される皆さまの想いでお選びください。