ホットワード  男性用 老眼鏡 | 女性用 老眼鏡 | サングラス メンズ

老眼鏡の選び方は?
おしゃれ&快適なものを手に入れるコツ


40歳を過ぎたころから、近くの物が見えにくくなってきた・・・。それは、眼の老化現象「老眼」かもしれません。

自分が老眼だと気づいたら、無理をせずに老眼鏡をかけることが大切!今は従来よりおしゃれなデザインが増え、使うのも選ぶのも楽しめるようになりました。

ただ、見た目だけで決めるのは何かと不安な老眼鏡。しっかりと度数を合わせて、なるべく長持ちできるものが欲しいですよね。

そこで、

  • 眼の奥が痛い
  • 眼が疲れやすい」

とお悩み中のあなたへ、初めてのお客さまも多い「I4U(アイフォーユー)」がおしゃれ&快適な老眼鏡の選び方をご紹介!老眼鏡に抵抗感がある人も必見の情報です。

老眼の正しい知識を深めて、あなたにぴったりな老眼鏡を手に入れましょう!

老眼鏡を選ぶ前に知っておきたいこと


視界の良し悪しを決める老眼鏡。まずは「老眼」「老眼鏡」のことを詳しく知り、あなたが老眼かどうか、老眼鏡が必要かどうかを考えてみてください。

老眼とは?

老眼とは、一定の距離を置かないと眼のピントが合わないこと。年齢を重ねれば、誰にでも必ず起こる加齢現象のひとつです。

眼の中には、物を見るときにピントを調節する「水晶体」があります。

  • 水晶体の厚みを調節する筋肉が衰える
  • 水晶体が年齢とともに固くなり、調節力が低下する

この2つの理由で、近くが見えにくくなるのが「老眼」です。

老眼の始まり

実は、水晶体の調節力の低下は10歳頃から始まっています。でも、自覚し始めるのは40歳前後が平均的。まずは。新聞の文字やスマホの画面が見えにくくなることで気がつきます。そして、60歳を過ぎると水晶体のピント調節機能がなくなるので老眼の進行もストップするといわれています。

老眼の進行の目安は以下のとおり。見る物との距離で進行具合がわかります。

  • 40代前半:30cm以内(スマホなど)
  • 50代前半:40cm以内(タブレット、雑誌など)
  • 50代後半:60cmほど(パソコンの文字)
  • 60代から:腕を目いっぱい伸ばす距離(新聞など)

老眼に対するアンケート結果によると、老眼を自覚し始めたのは45〜49歳がもっとも多く、続いて40〜44歳。早いからといって症状が悪化し続けることはありませんが、発症年齢や進行速度を遅らせることは可能です。

  • 紫外線をなるべく避ける
  • 度数の合わせた老眼鏡をかける
  • 抗酸化作用のある緑黄色野菜、サプリメントを積極的に摂る
  • 眼に負担がかかる作業(パソコンなど)は、10分に1度、1〜2秒ほど遠くを見てピントを合わせる

このように、眼にやさしいものを取り入れ、眼に負担をかけすぎない習慣をつけると良いでしょう。

老眼の主な症状

老眼の代表的な症状をご覧ください。あなたはどれが当てはまりますか?

  • 近くを見続けたあとに遠くを見ると最初はぼんやり見える
  • パソコンの細かい文字や数字が見えにくい
  • スマホを見るときについ離してしまう
  • 頭痛・肩こり・吐き気がする
  • 眼が疲れやすくなった

老眼の症状は、正視・近視・遠視など眼の状態によってさまざま。水晶体の調節力が必要な遠視の人が、より早めに自覚する傾向にあります。

近くにピントが合いやすい近視の人は、もともと水晶体の調節力をほとんど使っていません。そのため、老化の衰えによる老眼の症状にはなかなか気がつきにくいようです。

老眼に対するアンケート結果によると、気づいたきっかけは「近くの物が見えにくくなった」という人が多く、続いて「遠くや近くのピントの合う時間が長くなった」「読書やパソコン作業で眼が疲れやすくなった」という人が多め。医師に診断されるまで気づかなかった人もいるようです。

老眼鏡の役割

老眼鏡とは、近くの物をより見やすくするために眼のピント調節機能を補助してくれるメガネのこと。かけると近くの物がハッキリ見えるので、読書などで眼を細めたり腕を思いっきり伸ばしたりする必要がなくなります。最近ではリーディンググラスやシニアグラスとも呼ばれており、現代の40〜60歳の方になじみやすい存在となりました。

「老眼鏡を早めにかけると進行が早くなりそう」

と、心配する人も多いのでは?答えはNO。むしろ、老眼をそのままにしておくと水晶体に大きく負担がかかるので、眼精疲労・視力低下・頭痛・肩こり・食欲減退などを引き起こすおそれがあります。

ただ、老眼鏡は長時間の使用にも注意が必要。水晶体の厚みを調整する筋力が使われなくなるので、筋力がおとろえやすくなり進行が早まります。

老眼が始まったと思ったら、我慢せずに老眼鏡を!眼にも、体全体にもかかる負担を軽減させましょう。

老眼鏡の選び方〜失敗しない順番〜


いろんなタイプの老眼鏡から、あなたにぴったりなものを見つける方法を紹介します。

1.適切な度数のレンズを選ぶ

老眼の進行が止まる60歳ごろまでは、自分に適切な度数をチェックしてから選びましょう。

老眼鏡の度数は、大きければ良いというわけではありません。必要以上に強い度数を選んでしまうと、調節力が弱まり老眼の進行が早まるおそれがあります。また、眼へのストレスや眼疾患の原因にも。

見たい物によってピントの合う度数も変わるので、

  • スマホや文庫本のような手元に近いもの
  • パソコンや新聞のような眼から離れたもの

このようなシーンで適切な距離が保てるように、きちんと選ぶことが大切です。

度数の表記は「+1.00」「+3.00」など。数字が大きいほど強くなり、より近くの物が見えやすくなります。

年齢での一般的な度数の目安は以下のとおり。

  • 40代前半|+1.0
  • 40代後半|+1.5
  • 50代前半|+2.0
  • 50代後半|+2.5
  • 60代前半|+3.0
  • 60代後半|+3.5

ピントを合わせにくい距離が5cm遠くなるにつれ、「+0.5」ずつ度数が上がります。

あなたに合う度数を確実に知るなら「眼鏡店」「眼科」ですが、実際は抵抗感がある人も。アイフォーユーのお客さまからは、「時間がなかった」「周りに知られたくなかった」という声をよくお聞きします。

自分で老眼度数を測る方法は以下の2つが主流。

ただ、実際に眼で見て確かめているわけではないのでやや不安が残ります。


そこで、アイフォーユーでは、自分で測定できる老眼度数サービス「老眼度数測定レンズセット」をご用意!実物を使って見え方を確認するので安心でき、使いたいシーンに最適な度数も分かります。

また、人目を気にせず好きな場所&タイミングで測れるのも魅力的。老眼鏡の選択幅が広い「通販」を利用して、あなたにぴったりな老眼鏡がじっくり探せます。

2.眼にやさしいレンズを選ぶ

自分に合う度数が分かったら、次は眼にやさしいレンズを選びましょう!眼や体への負担を軽減し、老眼の進行を遅らせたり快適に生活したりするのが目的です。

おすすめは、「ブルーライトカットレンズ」。ブルーライトカットの表示がある老眼鏡です。ブルーライトとはスマホ・パソコン・照明器具などが発する強い光のこと。まぶしさや眼の疲れなどを感じさせる原因だといわれています。


このように、ブルーライトカットレンズを使えば眼が疲れにくく視界がくっきり!スマホなどのディスプレイを見るときだけじゃなく、本や雑誌も見やすくなりますよ。

3.かけ心地の良いフレームを選ぶ

自分に合う度数とレンズが分かったら、次にフレームです。かけ心地の良いものを選べば、見ることに集中でき、老眼鏡をかけること自体もストレスになりません。

かけ心地の良いフレームを選ぶコツは以下の3つがポイント。それぞれ、詳しく見ていきましょう。

ポイント‘本人向け

日本人(またはアジア人)向けに設計されているフレームを選びましょう。

安価な老眼鏡には、西洋人の立体的な顔立ちにあわせて設計されたものが多くあります。でも、日本人がかけると、まつ毛や頬がレンズにあたったり使用中にズレ落ちてきたり。日本人の骨格をきちんと把握しているブランド・メーカーの老眼鏡がおすすめです。

ポイント軽さ

老眼鏡のかけ疲れを感じないよう、軽いフレームを選びましょう。特に、普段メガネをかけ慣れていない人に重視してほしいポイント。軽いと老眼鏡そのものが気になりにくいので、頭痛や肩こりの防止にもつながります。

ポイントしなやかさ


老眼鏡の窮屈さを感じないよう、テンプル(耳にかけるつるの部分)がしなやかなフレームを選びましょう。かけ外しもラクにできるので、かけ外しの多いシーンでも快適に使えます。

老眼鏡もおしゃれに!フレームのデザインに注目しよう

欧米では、メガネ・サングラス・老眼鏡などを総称して「アイウェア(=眼を着飾る)」といいます。その理由は、年齢とともに増える眼のネガティブなことをポジティブに楽しみたい想いが込められているため。

日本でも、最近では色やフレームなどデザインにこだわったおしゃれな老眼鏡が続々登場してきました!ファッションを楽しむように、あなたのお気に入りの1本を選んでみませんか?

印象に合わせて形状を選ぶ

あなたがまわりに与えたい印象に合わせて、フレームの形状を選びましょう。

代表的なのは以下の4種類。それぞれの特徴を活用すれば、与える印象がガラリと変えられます。

オーバル型


曲線的でレンズ天地が浅め。品性と親しみやすさを感じさせる顔に馴染みやすいフレームです。特に、女性にオススメ。

スクエア型


直線的でレンズ天地が浅め。顔立ちをシャープに見せるフレームで、ビジネスシーンに最適です。男性に人気のタイプ。

ウェリントン型


直線的でレンズ天地が深め。若々しくておしゃれな印象。天地幅があるので視野が広く、見やすいのもポイントです。

ボストンタイプ型


曲線的でレンズ天地幅が深め。知的でスタイリッシュなクラシックモデル。リラックスしたシーンにぴったりです。

シーンに合わせて素材を選ぶ

フレームの素材も、印象に合わせて選ぶのがベスト!特に、使いたいシーンで使い分けると、まわりに良い印象が与えられます。

ビジネスシーンにおすすめ「メタルフレーム」


金属製のフレームは、

  • 知的
  • 信頼できる
  • クールで洗練された人

などの印象を与えます。ビジネスシーンで活用すれば、より頼りがいのある印象を演出できますよ。

カジュアルシーンにおすすめ「プラスチックフレーム」


プラスチック製のフレームは、

  • カジュアル
  • 親しみやすい

などの印象を与えます。ご家族やご友人とのリラックスした時間に活用すれば、みんなでわきあいあいと会話が弾みそうですね。

老眼鏡を上手に使うコツ

老眼鏡は、かけたままのメガネとは違って近くの物を見るときにかけるアイテム。必要なシーンはさまざまです。

  • 料理をするとき
  • 読書をするとき
  • 資料を見るとき
  • スマホを見るとき
  • パソコンを見るとき
  • 細かい作業をするとき

このように、ひんぱんにかけ外しをするので1本しか持っていないととても不便!

  • どこに置いたか分からなくなる
  • 置きっぱなしで使いたいときに手元にない
  • 外している時間が長く、踏んだり落としたりして壊しがち

キッチンやダイニングに1本、作業部屋やリビングに1本、車の中に1本など、2本以上あると探す手間がかからず壊す心配もありません。

老眼鏡を上手に使うコツ

老眼や老眼鏡のことが正しく理解できれば、老眼と上手に付き合っていけそうですよね。

ご自宅から通販で、おしゃれ&見やすい老眼鏡を選ぶなら「I4U(アイフォーユー)」へ!老眼鏡は独自に企画・デザインしており、特に「眼にやさしい」もの作りにこだわっています。

ブルーライトカットレンズは、全商品標準搭載!また、メガネの産地「福井県」のノウハウを活かしたフレーム設計で、かけ心地が良く、外出時でもおしゃれにかけこなせます。

「老眼度数測定レンズセット」もあるので、初めてメガネをかける人でも安心で満足できる老眼鏡が見つかるはず!アイフォーユーで、おしゃれで豊かな大人の生活をスタートしてみませんか?