︿

レフトバナー

  • HOME >
  • 家庭用アイロンを使用してのアイロンプリント方法

家庭用アイロンを使ったアイロンプリント方法

●○はじめに○●
まずはプリントしたい生地にアイロンをかけてシワや湿気を飛ばしておいてください。湿気が含まれていると付きにくい場合があります。
アイロン台を使用する場合は体重をかけられるように、足をたたんで使用するか、床に直接新聞などを引いて作業してください
家庭用アイロンのスチーム機能はオフにしてください。スチームの穴の開いている部分は温度も圧力もかかりませんので、熱と圧力が安定している平らな部分を使用してください。

スチームの穴の開いている部分は温度も圧力もかかりません。平らなところ…熱と圧力が安定している部分

【アイロンシートを使ったTシャツ作成方法】

2色のアイロンシートを使ったTシャツの完成までの流れをご案内します。

(1)カットデータを作成したら、カッティングプロッターにアイロンシートをセットしてカットします。

【注意!】
◆必ず透明PETフィルムが付いている方を下にしてセットしてください。
◆カットは糊面からカットすることになるのでカットするデータは必ずミラー反転(左右反転)にしてカットしてください。

(1)カットデータを作成したら、カッティングプロッターにアイロンシートをセットしてカットします。

(2)カットが完了したら不要部分の取り除き(カス取り)をしていきます。
カス取りエア抜きペンアートナイフなどの作業道具があると便利です。
その他の作業道作業具はコチラから

(2)カットが完了したら不要部分を取り除くカス取りをしていきます。

(3)カス取りと要らない部分のカットが完了したらプリント部分の出来上がりです。
このように透明PETフィルムが付いてある方が表面となります。
透明PETフィルムがシートを固定してくれるのでバラバラのデータもズレずにプリントする事が出来ます。

(3)カス取りと要らない部分のカットが完了したらプリント部分の出来上がりです。

(4)プリントしたい生地にアイロンシートをセットし、アイロンで熱圧着(アイロンプレス)します。
使用するシートによって圧着条件が異なるので必ず転写条件をご確認ください。

【家庭用アイロン使用の場合】
◆圧着温度条件が160度の場合、中温〜高温の間で設定してください。
◆透明フィルムの上からなるべく体重をかけて、なでるようにではなく上から押し付けるようにアイロンをかけてください。特に端の部分は剥がれやすいので注意してください。
◆平たい部分で全部をプレスするように何回かに分けてアイロンをかけてください。
◆一箇所につき30秒くらい(表記より長めに)プレスして下さい。

(4)プリントしたい生地にアイロンシートをセットし、アイロンで熱圧着(アイロンプレス)します。

(5)圧着が終わったら透明フィルムを剥がします。
シートによって剥がすタイミングが異なりますのでご注意ください。
"熱いうちに剥がす"という条件であっても、うまく剥がれない場合は少々冷ましてから剥がしてみてください。

(5)圧着が終わったら透明フィルムを剥がします。

(6)2色目も1色目と同様に圧着していきます。

(6)2色目も1色目と同様に圧着していきます。

(7)最後に仕上げプレスを行います。
この時必ずシリコンペーパーを使用してください。

【 シリコンペーパーを使用する理由 】
◆シリコンペーパーを重ねて圧着することで、シートを完全に圧着して生地になじませシートの表面を整えます。
(シリコンペーパーを使わずにアイロンを充てると熱でシートがアイロンにくっついてしまいます)
◆シリコンペーパーは熱を通す素材なので温度を下げずにプレスすることが出来ます。
(ハンカチなどの布を使うと、伝わる温度が下がってしまいうまくプレス出来ません)

(7)最後に仕上げプレスを行います。

(8)仕上げプレスが終わったらTシャツプリントの完成です。

(8)仕上げプレスが終わったらTシャツプリントの完成です。その1

(8)仕上げプレスが終わったらTシャツプリントの完成です。その2

※洗濯の際は必ず裏返しにしてネットに入れて洗濯してください!
・乾燥機は使用しないでください
・一部洗濯機で使用できないシートもございます。シートによって洗濯条件が異なりますので各シートの洗濯条件をご覧ください。

アイロンプリント注意事項も併せてご覧ください