D-Schoolオンライン
プログラミング教材はこちら
プログラミング教材はこちら

D-SCHOOLオンラインについて

D-SCHOOLオンラインは、21世紀の教養と言われている英語とプログラミングが学べる新感覚のオンライン学習コースです。これからの時代、重要度がますます高まる英語とプログラミングを楽しみながら学んでいただけます。


実践感覚を重視した
学習内容

親切丁寧な解説動画と
紙のテキスト

海外経験豊富な
開発陣によるカリキュラム


D-SCHOOLオンラインの考える
「英語×プログラミング学習」の重要性

かつては、海外との取引がある一部の人のみが学んでいた英語も、いまや仕事のみならず文化やスポーツでも日本と世界をつなぐ必要不可欠な世界共通語になっています。

一方、今までネットワークに繋がっていたのはスマホやPCなどの限られた端末のみでしたが、今後は、あらゆる商品やサービスがすべてネットワーク上で繋がる時代になっていきます。

その“ネットワーク”を繋げている言語こそがプログラミングなのです。

構造や仕組みに対する知識が大事なのはもちろんのこと、英語と異なり時代とともに常に変化していくプログラミング言語を単に覚えるのではなく、その「考え方」を学ぶことが非常に重要といえます。

そのため、D-SCHOOL オンラインでは、プログラミングの技術はもちろんですがプログラミング学習を通した問題発見能力、問題解決能力、論理的思考力など「考える力を身につけていただくこと」に最も重点を置いております。

D-SCHOOLオンラインの4つのこだわり

実践感覚を重視した学習内容

表面的に学ぶだけでなく、“自分で作ってみる”、“自分で使ってみる”という実践感覚を重視した設計を心がけております。やはり、作る、使うことによる達成感は脳への刺激も高まり、長期にわたり自分のものにしていただきやすいです。子供たちのそうした体験は、人にも伝えたいため、作ったものを人に使ってもらうことで喜びも倍増します。

実スクール運営で得たリアルな声を反映

2014年からスタートしたD-SCHOOLが独自にカリキュラムを開発しています。教えるプロと現役プログラマー陣を中心に スクールを実際に運営する企業が開発していますので、普段のスクール現場から得られた子供たちの反応などを反映しながら、楽しく学べる内容をお届けしています。

親切丁寧な解説動画

各コースに付随する解説動画は、初めての子供たちでも理解しやすいように、内容はもちろんのこと、スピードや言葉遣いなど細部に至るまで丁寧に制作しております。現代の子供たちは、Youtubeをはじめ、日常から動画コンテンツへの接触は多いと思いますが、大学や実社会でも映像授業や動画研修など映像を通して学ぶ機会はとても増えています。現代のデジタル社会において、動画を通して何かを学ぶことは今後も増え続けていくことは間違いありません。

動画の他にも、紙のテキストもご用意していますのでご自宅でも安心して学習に取り組んでいただけます

海外経験豊富な開発陣によるカリキュラム

英語指導の国際資格であるTESOLを取得している人間や、外資系企業でグローバルビジネスに従事していた者、英語教員免許を持つ帰国子女など、優秀な開発陣が英語のカリキュラムを制作しております。いかに英語に楽しく触れていただくか、使える英語をいかに身につけていただくかを深く考えながら制作しております。

プログラミング教材はこちらからどうぞ
話題のプログラミングをご自宅で!キャンペーン中!

メディア掲載

数多くのメディアに掲載されております。


習得できる能力

単に英語を学ぶ、単にプログラミングを学ぶのではなく、英語やプログラミングを学びながら総合的思考力を身につけていただくことを目的としているため、考える力や創造性、積極性を養っていただけます。

英 語

  • 基本的な表現を使ったコミュニケーション力。
  • 受動的に学ぶだけでなく英語を使ってアウトプットしていくので(ゲームを作っていく)実践力や達成感も。
  • 英語を勉強感覚ではなく、遊び感覚で学んでいくため、英語学習初期に見られがちな英語への嫌悪感がなく楽しく感覚的に英語を吸収できる。
  • 扱う英語や構文は、中学の教科書やTOEFL Primaryに準拠。
  • 毎回の学習を通して、単語・文法・聞き取り・発音・ライティングを学んでいくため、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4技能を総合的に学んでいただけます。

プログラミング

  • 今後、小中学校で必修化が見込まれているプログラミング基礎力。
  • プログラミングの基礎を通じて物事を順序立てて考えられる思考力。
  • また、トライアル&エラーや発見学習を繰り返すことで身につく問題解決能力。
  • 自分だけのアイデアや新しいコンセプトをデジタル上で表現することができるので、無限に広がる柔軟な発想により創造性、発想力が養われる。
  • これからのIT社会に必要不可欠なデジタルの仕組みや構造。
  • 表面的にゲームやアプリで遊ぶのではなく、プログラミングを使って自らゲームを作るという達成感。
シューティング制作はこちら
シューティング制作はこちら
話題のプログラミングをご自宅で!キャンペーン中!
学校教材のFUN SCHOOL へ戻る >>>