エアコンクリーニングの適正な時期について

エアコンクリーニングの依頼は梅雨から夏の時期にピークとなり繁忙期で予約も取りづらくなってしまいます。
多くのお客様が殺到してしまう為です。
エアコンを使い始めて、臭い等でエアコンの汚れに気付く時期だからだと思います。

汚れに気が付いたのならば、なるべく早くクリーニングしようと言うのは当然間違えてはいません。
健康被害にあわない為にも、エアコンの効きの為にも早めのクリーニングをお勧めします。

ただし、定期にエアコンクリーニングを行なって頂くならこの梅雨から夏という時期は、実はエアコンクリーニングにとっては良い時期とは言えません。



「カビ」が最も繁殖する時期

何故なら、この時期はエアコンの汚れで一番気になる「カビ」が最も繁殖する時期だからです。
カビは生きていく上で、湿気や水が多く必要な生き物です。
エアコンは動いていなければ金属とプラスチックの機械であり、テレビとかと同じ家電製品ですがテレビとかと違ってカビてしまいます。
テレビとの違いは水です。

夏場にエアコンを動かす事で、エアコンの中で結露が起こり、水が作られて、その水でカビは繁殖出来る訳です。
結露とは例えば夏場の暑い時に氷を入れたコップを置いておくとびしょびしょになってしまいます。
これは冷たい物に触れた空気の湿気が水になる現象で、こういうのを結露といいますよね。
これと同じく、お部屋の空気を冷やす為、エアコンの内部の冷たい部分を空気が通過する時に空気から水ができている訳で、この豊富な水でカビは繁殖する事が出来るのです。

つまり、最も汚れる時期ということで、せっかく洗ったのにすぐに汚れされる可能性が高い時期だという事です。

少し大げさに例えると、雨の日に車を洗車する様なもので、すぐに汚れるような日に洗っているという条件の悪い状況なのです。



きれいな状態が長持ちする

逆に冬の時期は暖房でエアコンを使っても、まして全くエアコンを使わないならばエアコンの中に水は無い訳ですから、カビは繁殖しません。

ですので、エアコンで除湿したり、冷やしたい梅雨や夏は外してエアコンクリーニングをすれば、きれいな状態が長持ちするのです。

夏場の時期を外すメリットのひとつはきれいが長持ちするです。

そして、繁忙期から外れるので、予約等が取りやすい事もメリットとしてあります。



機械なのでいつ壊れても不思議のないものなのです

さらに、故障等が見つかった場合に修理が間に合うということがあります。
エアコンの寿命は10年程度ですが、ではそれまで壊れないかと言えば残念ながらそうではありません。

確かに故障知らずで買い替えまで動いたケースも多々ありますが、機械なのでいつ壊れても不思議のないものなのです。

その為、メーカーも通常は1年間しか保証はしません。
寿命が10年とは言え10年の保証はできないのです。

「昨日はちゃんと動いていたのに!」と言いたい気持ちもわかりますが昨日動いていたら今日も動くなら何百年でも動き続ける事になってしまうのでそれは理屈にならないのです。



昨今の暑さでは命にもかかわる可能性があります

夏場の暑い時期に故障してしまうと大変です。
冬の暖房なら他にも方法がありそうですが、冷房が使えないと昨今の暑さでは命にもかかわる可能性があります。
夏場のエアコン関連は全て混んでいて修理や新品を買っても取付けに何日もかかったりする事でしょう。

なので、エアコンクリーニングやメンテナンスは夏場を外すのが、おすすめなのです。



ケース別、クリーニング時期

<<秋の時期>>
もう冷房を使うことがなくなった時期、夏場の汚れをきれいに落とす。
暖房も気持ち良く使えて、暖房の時期にはカビは付かないので、そのまま夏場も使えます。

 

<<冬の時期>>
暖房はエアコンにたよらない方は、乾燥してる冬にメンテナンス。
使わないなら埃もエアコンに入らないので、必要な時期にすぐに使えます。

 

<<春の時期>>
梅雨や夏場の直前にメンテナンス。やはり直近にやっておきたい方や花粉なども
気になる方。空いている時期で予約が一番取りやすい。