結婚式向けフォーマルドレスshopドレスモード > 【楽天市場】結婚式やパーティーにオススメ!ストール・ショールの結び方

結婚式・披露宴では肌の露出を控えるのがマナーなのでボレロやストールを羽織るのが一般的ですね。
ここではストールの巻き方をご紹介すると共にマンネリ化しがちなストールの結び方に一工夫してアレンジした巻き方もご紹介します♪
マナーに適った華やかな装いで素敵な時間をお過ごしください。

  • 基本の巻き方
  • アレンジ方法
ニット素材 前結びの場合 1.左右の長さが均等になるよう肩から掛ける。2.みぞおちに結び目が来るようにひと結びする。

ストールの幅をそのまま利用すると肘まで覆われてしまうので動きづらい!そんなときはくしゅくしゅっとストール上部を寄せてから結ぶと◎稼動域が広がり動きやすくなりますよ♪

ニット素材後ろ結びの場合

前結び同様ストールを肩に掛け、垂らしたストールを脇下に通しウエスト辺りでひと結びする。

結ばないスタイル

肩からさっと羽織っただけのスタイルもOK!クールで大人らしさが増します!

オーガンジー素材の場合

張りのあるオーガンジー素材のストールの結び方。
前結びも後ろ結びどちらもOKです♪

  • ストールの上部を適当に折る。(身長に合わせて1/3~1/2程度)ストールの上部を適当に折る。(身長に合わせて1/3~1/2程度)
  • ストールを肩にかけ、向かって右側のストールを長めに持つ。ストールを肩にかけ、向かって右側のストールを長めに持つ。
  • 長くとったストールが上に来るように、向かって左側のストールにクロスさせる。長くとったストールが上に来るように、向かって左側のストールにクロスさせる。
  • 上に重ねたストールを下からくぐらせる。上に重ねたストールを下からくぐらせる。
  • くぐらせたストールを左へ、もう一方のストールを右へ寄せる。くぐらせたストールを左へ、もう一方のストールを右へ寄せる。
  • 左に寄せたストールをもう一方のストールの下にくぐらせ、輪を作り、もうひと結びする。左に寄せたストールをもう一方のストールの下にくぐらせ、輪を作り、もうひと結びする。
  • 結んだストールの形を整えて完成!結んだストールの形を整えて完成!

様々なアレンジ方法をご紹介します。

結び方を工夫してアレンジ

1.ストールの表が背につくように肘にかかえる。

2.ストールの表が出るように肩にストールをくるんとかける。

3.後ろに垂れた部分をひと巻きする。

長さのあるストールなら垂れた部分を背についたストールに巻きつける方法も◎

秋冬におすすめのアレンジ

1.ストールの長さが左右均等になるように持ち、前から肩にかける。

2.首に巻く。右肩にかけた方は左に、左肩にかけた方は右に。

3.肩が隠れるように整えて完成♪

ホルターネックのドレスにおすすめの簡単アレンジ

背中上部にドレープができるように中心をたるませて肩にかけるスタイル結んでしまうと結び目の重みでドレープがきれいに出ないので、さっと肩にかけるだけにしましょう♪

コサージュを使ってアレンジ♪

コサージュを使ってアレンジ♪

かっちりと結ぶわけではないので、肩からずり落ちてしまったり…なんてことも!
ずり落ちるのが気になったり、周りとは違う巻き方がしたい!なんて方は是非アレンジしてみてください♪

使用アイテム

  • 右側のストールを長めにとり、肩にかける。右側のストールを長めにとり、肩にかける。
  • 左脇あたりでひと巻きする。左脇あたりでひと巻きする。
  • コサージュは高い位置で付けるとお顔周りが華やかになるので、結び目のかぶさっている方のストールをつまみ、コサージュを付けたい位置まで持ち上げる。コサージュは高い位置で付けるとお顔周りが華やかになるので、結び目のかぶさっている方のストールをつまみ、コサージュを付けたい位置まで持ち上げる。
  • 持ち上げたストールをクリップの付いているコサージュで留める。持ち上げたストールをクリップの付いているコサージュで留める。
  • ドレスも一緒にはさんで留めると安定します。ドレスも一緒にはさんで留めると安定します。

シュシュを使ったアレンジも可愛らしくておすすめ♪

ストール中央をシュシュで結ぶだけの簡単アレンジ!まるでリボンのような見た目が可愛い!

シュシュを使ったアレンジも可愛らしくておすすめ♪

メールマガジン

新作や再入荷、セール情報、コーディネート例などを不定期でお知らせします。

登録はこちら