Life with DOCS vol.2 | Dr.Martens × Life Style

日常に落とし込まれたドクターマーチンを切り取り、お届けする《Life with DOCS》

今回は、ドクターマーチンショップ楽天市場スタッフで一児の母のKatoさんのライフスタイルとドクターマーチンについてインタビューしました。

featuring

Mami Kato
Dr.Martens Rakuten Shop Staff

Dr.Martens ドクターマーチン
Q.どうやって靴選びをしていますか?

私は足のサイズがなんと25cmでレディースの靴選びには苦労してきました。。“履ける靴”を探す。みたいな。笑

でもドクターマーチンはサイズもバリエーションも豊富!マーチンと出会ってからは、ヒールからブーツまで履きたい物を履けて靴を履くのが楽しくなりましたね。

靴を選ぶポイントは、普段のコーディネートにほんの少し何かプラスになるものですかね。例えば今回のカジュアルなデニムにローファーを合わせて、ほんの少し品があって足元は引き締めるみたいな。でもほどんどローファーメインで生活してますけどね。笑

子供と公園に行くのもローファーでOK!砂まみれになっても、ブラシでシュッシュとするだけでいいんですから。私にとってローファーに”革靴”という概念はないのかもしれない。笑

ネットで靴を買うなら、サイズの不安が1番なので少しでも安心を求めて、サイズ交換無料サービスがあるショップで買うのがおすすめです。

Q.普段のファッションと変化?

ファッションについて語れるほど大そうな格好ではないのですが。笑

普段はカジュアルで、パンツスタイルがほとんどですね。昔はコンプレックスだった167cmの身長も今となってはワイドパンツとかハイウエストとかを履いてどうにか活かそうとしてます。笑

基本色は白とかベージュとかブラウンとかアースカラーが好きですね。ボトムスとかシャツとかはチェックとか柄モノも合わせます。あとベレー帽もよく被りますね。スカートも好きで長めの丈で履きますが、子供と一緒の時は動けるパンツスタイル1択です。笑

子供がいることでもちろん生活や働き方の環境は変化しましたが、その時着たい服を着て、履きたい靴を履くってことに変化はないですかね。もともとカジュアルなので。とはいっても、子供がいてもいなくても、サクッと履けるローファーは私の最強の味方です!

Q.今日のアイテムを教えて?

今日はママのみなさんにもイチオシのタッセルローファー《Adrian Yellow Stitch》サクッと履けておしゃれ。楽ちん。これに尽きます。子供と出かける時は荷物も多くて、やんちゃなうちの子は玄関でも待ってはくれないですからね。笑

サッと履いたら完成する手軽感が名品。デニムからワンピースまで幅広く合わせられる万能さの虜です。笑

とくにこの靴はマーチンらしいイエローステッチが入っていて、まとまり過ぎず適度に抜け感を出してくれるところが良い◎

イエローステッチなしのAdrianもあるので、もっと大人っぽくシックにしたいときはそちらがおすすめ。個人的にはステッチなしのAdrianもよく履いていて、一足履き潰してもう二代目履いてます。笑

今回はデニムのリーバイス701を履いて、ローファーに定番の白ソックスを合わせました。白ソックス×ローファーは60'sルードボーイみたいな白黒のメリハリ感がカッコいいなって思って好きでいつも履いてます。笑

でもローファーに合わせるソックスって、柄モノでもカラフルでも不思議とまとまって足元が格上げしますよね。シュッとしてない、マーチンならではのこの無骨なボリューム感がまた可愛いくてグッときますね。マーチンのローファーは毎シーズンカラーやパターン違いで出てくるので、もう今までいろいろ6足くらいは履いてきました。それくらい、履きやすくて合わせやすくて私には欠かせないアイテムです。

Life with DOCS vol.2 | 動画はこちらから↓↓↓

DMS MAGAZINEへ
DMS TVへ
TOP PAGEへ