PAGE TOP

1460・8ホールブーツ

ドクターマーチンを語るうえで「1460 8ホールブーツ」の存在は欠かせません。ブランドのアイコニックなアイテムであり、ファーストモデルでもあるこのブーツは、誕生から60年近く経つ今も“永遠の定番”として世界中の人々から愛され続けています。

モデル名にある「1460」は、1960年4月1日に生産が始まったことに由来します。誕生から最初の数年間は、2ポンドで買えるワーキングブーツとして認知され、主にイギリスの労働者たちに愛用されていました。 そして歴史の流れの中で、さまざまな人々やミュージシャン、サブカルチャー集団に取り入れられながら、イメージの転換がされていきました。 ブランドを象徴する「1460 8ホール」のワークブーツは、サブカルチャーのアイコンや時代を象徴するファッションアイテムとして、スタイリストからスケーター、パンクスから詩人、ロッカーズからルードボーイズまで、多種多様な人々に愛されています。 このドクターマーチンの定番ブーツには、イエローのウェルトステッチを施しています。また、履き口にはブランドのロゴが入ったヒールループを取り付けており、ドクターマーチンのDNAを表しています。アッパーにはソフトな感触のスムースレザーを使用して、履き心地の良さも人気の理由です。 一方で、「8ホールブーツ」にもさまざまなアイテムが存在し、異なるマテリアルの使用や、イエローステッチの有無などがあり、そのバリエーションも豊富です。 また、数々の注目ブランドとのコラボレーションモデルもリリースしています。「8ホールブーツ」をベースに、世界的デザイナーらが自らのクリエイティビティを落とし込み、数多くの傑作が生まれてきました。これからも“永遠の定番”としての普遍的価値を守りながら、常に新たな試みにも挑戦し続けていきます。

1460 8ホールブーツ

1960年4月1日に生産ラインに乗った日に由来するコードネームを冠したドクターマーチンの記念すべきファーストモデル「1460 エイトホールブーツ」 ときには慎ましやかなワークブーツ、ときにはサブカルチャーのアイコン。時代を象徴するファッションアイテムとして、スタイリストからスケーター、パンクスから詩人、ロッカーズからルードボーイズまで、多種多様な人々に愛されています。 このドクターマーチンの定番ブーツには、イエローのウェルトステッチを施しています。また、履き口にはブランドのロゴが入ったヒールループを取り付けており、ドクターマーチンのDNAを表しています。アッパーにはソフトな感触のスムースレザーを使用して、履き心地の良いブーツが完成しました。ブラック、チェリーレッド、ホワイト、グリーン、ネイビーの5色展開。

1460 WHITE WELT 8ホールブーツ

「1460 ホワイトウェルト 8ホールブーツ」は、ウェルトのステッチをホワイトで仕上げたこのブーツには、ホワイトのシューレースを付属しています。アッパーにはソフトな感触のスムースレザーを使用。ドクターマーチンのDNAであるプルタブを施して仕上げました。

1460 MONO 8ホールブーツ

「1460 モノ 8ホールブーツ」は、アッパーからシューホール、シューレース、ソール、プルタグやウェルトステッチまで全て同色で統一して全体をモノトーンに仕上げています。 アッパーにはソフトな感触のスムースレザーを使用しました。

1460 PATENT 8ホールブーツ

「1460 パテント 8ホールブーツ」は、アッパーには艶のあるエナメル加工されたパテントレザーを使用。ドクターマーチンのDNAであるプルタブと、イエローのウェルトステッチを施して仕上げました。

JADON 8ホールブーツ

8ホールブーツと厚底ソールを組み合わせた「ジェイドン」は、ボリュームのあるシルエットが特徴。ブーツの内側にはサイドジップが施されているため、脱ぎ履きが楽なことも人気のポイントです。ブーツの履き口には、ブランドロゴ入りのヒールループを取り付けて、ウェルトにはイエローステッチを入れて仕上げました。アッパーには、滑らかで手触りの良いスムースレザーを使用しています。

1460 VEGAN 8ホールブーツ

動物性の素材を一切使用していないヴィーガン・フレンドリーなコレクション「1460 ヴィーガン 8ホールブーツ」。ドクターマーチンのDNAを引き継いだエアクッションソールやイエローステッチはそのままに、耐久性の高いヴィーガン素材を使用しています。 

1460

1460 WHITE WELT

1460 MONO

1460 PATENT

JADON

1460 VEGAN

V JADON II

「1460・8ホールブーツ」一覧はこちら

DMS MAGAZINE一覧はこちら