KORG 本社訪問インタビュー!

<戻る | | 次へ>

大人気!ボコーダー搭載のアナログモデリングシンセ〜microKORG、R3〜

「KORG microKORG」(KORG本社ショールーム内)

microKORG」(KORG本社ショールーム内)

栗原: 取っ付き易いっていうのはあると思います。microKORGのスペックは、RADIASの前に販売していたMS2000とほぼ同等なのですが、見た感じが操作しやすそうで「これなら何とかなりそうだ」というような印象を与えたのが大きいと思いますね。

「MS2000」

「MS2000」

市原: レトロな感じもかわいらしいですしね。

栗原: シンセサイザーに詳しくないけどシンセサイザーでなにかやりたい。しかしいきなりツマミばかりあるシンセサイザーを購入するのは難しいなあと思っている方にうまくハマったのかなと思います。

金森: KAOSSILATORとか、ELECTRIBEもそうなんですが、決してキーボーディスト向けのシンセサイザーではないんですよね。シンセサイザーがキーボーディスト以外の層に伝わっていく。microKORGもそういった方に対して浸透していったシンセサイザーではないかなと思います。

市原: ボコーダーが搭載されているというのもかなり大きいと思いますね。実際興味をもってご来店いただくお客様が多いんです。「ロボットっぽい音はどうやって出すんですか?」と聞かれることが多くて、「ボコーダーっていうのがあるんです」っていうことを説明し、最近はほとんどソフトのプラグインになっているんで、手軽にボコーダーが使える機材としてmicroKORGを紹介することが多いですね。

microKORGのボコーダー

microKORGのボコーダー

栗原: 仕事柄ボコーダーは別にめずらしいものでも何でもないんですが(笑)、シンセサイザープレイヤー以外の方におけるボコーダー需要があるようですね。

金森: その前に発売したMS2000でもボコーダーは搭載されていましたが、店頭でもマイクが置かれた展示というのは少なかったと思います。microKORGはまず見た目がかわいらしくて、本体からマイクが生えているっていうスタイルがうまくボコーダーをアピールできたのではないかと思います。

金森: そうですね。分厚いSAWWAVEやきらびやかな音を得意としているRADIASの流れをR3が受け継いでいますね。

市原: R3microKORGのどちらを購入しようか迷っているお客様が多いのですが、全然音のキャラクターが違うんでので、実際演奏して好きな方を選んでくださいとアドバイスしています。どちらかというとR3の方がHigh Passが効いていて今風ですよね(笑)。

栗原: やっぱりDJの方の嗜好でどちらのシンセサイザーを購入されるか傾向があるのですか?

市原: そうですね。HIP HOPのクリエーターには太いベースの音やレトロなストリングスの音などを気に入られてmicroKORGを購入される傾向がありますし、トランスやテクノなどのクリエーターの方はR3を選ばれる方が多いような気がします。おそらくそれはプリセットの音で印象深い音が入っているかどうかで決めるという感じでしょうか。あとmicroKORGの使い方にはサンプラーとの組み合わせでフレーズを作り、サンプリングするという方法が多いようです。アナログシンセサイザーの質感が手軽に出せるから支持されているのだと思います。一方R3はUSB端子付きでコントローラーとしても使用できるのでDAWソフトウエアと組み合わせて使う傾向がありますね。

DAW用インターフェイスの開発、プラグインシンセサイザーによる銘器の復活

microKONTROL

「microKONTROL」

KONTROL49

「KONTROL49」

市原: DAWソフトで使用するUSB/MIDIコントローラー系もKORGさんでは力をいれていらっしゃいますが、シンセサイザーメーカーでUSB/MIDIキーボードを発売したのはKORGさんが初めてだったのではないでしょうか?

市原: デザインも優れていて価格も手頃だし、バンドルされているソフトウエアも豊富でこれだけあればとりあえず曲作りができて、かなりお買い得だと思います。ミニ鍵盤を採用しているのはプレイヤー向けというよりコンピューターミュージック制作用の音色確認用を意識されているのでしょうか。

坂巻: そうですね。弾きやすさを重視するよりは、コンパクトやノブ/フェーダーがたくさん付いた方がパソコンでの曲作りが楽しめるのではないかという考えからですね。

市原: ロータリーエンコーダーとLCDが付いているというのも斬新でしたね。

坂巻: これはMIDI/USBコントローラーキーボードのスタンダード的な商品だと思います。

坂巻: 「DIGITAL EDITION」に関しては低価格でなかなかここまでのクオリティーの高いマルチ音源のソフトウエアってなかったんですよね。

市原: そうなんですよ。これからDAWでの曲作りを始める方で、どんなソフトシンセを使えばいいかと悩んでいるお客様にはまず、「DIGITAL EDITION」をオススメしています。さらにアナログチックな音色で自分の音を作りこみたいという方にはANALOG EDITION 2007を薦めています。

金森: まさにそれが狙いですね(笑)。

市原: あと何が素晴らしいって、プラグインエフェクト「MDE-X」。これが抜群に良いんですよ。

「MDE-X」スクリーンショット

「MDE-X」スクリーンショット

坂巻: あっ、そうなんです。シンセサイザーの相性とものすごい良いんです。

市原: KORGさんらしく高域が抜ける気持ち良い音がしますよね。まだANALOG EDITION2007バージョンにアップグレードしていないんで早くしないとなっと思ってます(笑)

水原: Mono/Polyメチャクチャ良いですよ〜(笑)。 ところで市原さんはもしDIGITAL EDITIONM1に機能を追加したいとするなら何があります?

「Mono/Poly」を立ち上げたPCとmicroKONTROL

「Mono/Poly」を立ち上げたPCとmicroKONTROL

市原: う〜ん、そうですねぇ。ハードのM1に搭載しないフィルターまで付いているじゃないですか。しかもTシリーズや新しいオリジナルの音源まで付いているんでこれで十分でしょう(笑)。しかも動作が軽いのでDAW上で何個も立ち上げられるのが便利です。マルチティンバーに設定するのがめんどくさいので(笑)、トラックごとに使ってますね。

「M1」スクリーンショット

「M1」スクリーンショット

坂巻: ソフトの軽さにはすごくこだわったところです。

栗原: 当時のM1本体ではできないことをこのソフトで縦横無尽にできるようになりましたね。

padKONTROL

padKONTROL

坂巻: そうです!これもめちゃくちゃこだわってます!(笑)

栗原: パッドを叩いた時のベロシティの出方など試作段階からかなり試行錯誤して現在の形にまとまっています。

市原: Hifanaのkeizo MACHINE!さんも気に入って使ってますね。

坂巻: うれしかったですね〜。サンプラーを音源にしてコレ叩いて演奏しているって聞いたときは(笑)

企画室の坂巻氏

市原: 私もいろんな方に「サンプラーのパッドよりpadKONTROLの方が反応が良い!」って言われます。そういえば海外ですと指ドラムがすごく流行っているようですね。

坂巻: そうみたいですね。YouTubeなどの動画配信サイトでもすごくアップされていますね。これでドラムンベースやったり生ドラムをシミュレーションしたり。またはバンドでブレイクビーツなどのポン出しに使われていたり。

<戻る | | 次へ>