洗濯表示記号について
サンプル画像1
【でらでら】はお気に入りの服を長く着続けていただくことで

サスティナブル(地球環境の持続性)な世界を目指します!


毎日身に着ける服。

気に入っているものほど、大事に、長く、キレイに着続けたいもの。


しかしながら、洗濯すればキレイにはなりますが、間違った洗濯を行うと生地が一気に傷んでしまうことも。


正しいお手入れをするために、一度、お手持ちの服の洗濯表示をご覧になってください。

様々な記号から、その服にはどういうメンテナンスをすればいいのか、全て記載されています。


良いモノを長く愛用するために、服に優しいお手入れをしてみましょう!


サンプル画像1
洗濯処理
  • 液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は70℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は50℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

  • 液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯処理ができる

  • 液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯処理ができる

  • 液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯処理ができる

  • 液温は40℃を限度とし、手洗いができる

  • 家庭での洗濯禁止

漂白処理
  • 塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白処理ができる

  • 酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止

  • 塩素系及び酸素系漂白剤の使用禁止

タンブル乾燥
  • タンブル乾燥処理ができる(排気温度上限80℃)

  • 低い温度でのタンブル乾燥処理ができる(排気温度上限60℃)

  • タンブル乾燥禁止

自然乾燥
  • つり干しがよい

  • 日陰のつり干しがよい

  • ぬれつり干しがよい

  • 日陰のぬれつり干しがよい

  • 平干しがよい

  • 日陰の平干しがよい

  • ぬれ平干しがよい

  • 日陰のぬれ平干しがよい

※ぬれ干しとは、洗濯機による脱水や、手でねじり絞りをしないで干すことです。


アイロン仕上げ
  • 底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができる

  • 底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる

  • 底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる

  • アイロン仕上げ禁止

ドライクリーニング
  • パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる

  • パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる

  • 石油系溶剤によるドライクリーニングができる

  • 石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる

  • ドライクリーニング禁止

ウエットクリーニング
  • ウエットクリーニングができる

  • 弱い操作によるウエットクリーニングができる

  • 非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる

  • ウエットクリーニング禁止

※ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。


サンプル画像1





カジュアルなセレクトが魅力的な セレクトショップ エイチケー はこちらから