2021春夏のでらスタ
サンプル画像1

どんなコーデでもエレガントを忘れない

【でらでら】が毎シーズン“このような着こなしが格好いいよ!”と提案するスタイル「#でらスタ」、

私たちがこの春考えるスタイリングは、ワンポイントでコーデに変化を

メンズファッションは、年代が上がるにつれて、モノトーン、ネイビー、ブラウンなど落ち着いた色味のものがメインになり、明るい色合いのものは避けがちになりますよね。
それも素敵だけれど、今のご時世、暖かさが増すのに合わせて明るい色も取り入れて、前向きな気持ちになりたい!
そう思い、テーマを決定しました。

ポイントは大きく3つ!

1.春夏と軽装になるにつれ、気分も軽く楽しい気持ちに!

2.着るモノにストレスを感じることなく、より自由を楽しむ!

3.メリハリのついたアダルトらしいエレガントなスタイリングも!


具体的なご提案は、是非スクロールしてコーデをご覧ください。

最後に、
でらでらのスタイリングは、常に意識していることがあります。
それは、サスティナブル!環境に優しく。この地球が長く続いていくように!
環境の負荷が小さい素材や加工を施した商品も僕たちは積極的に取り扱っています。
ただそれ以上に、「お気に入りの服を長く着て頂く!」これこそが、サスティナブルであると考え、品質の良い服をこれまで以上に提案していきます。
毎シーズン、【でらでら】では、そのシーズンのテーマを決めて一貫性をもたせたコーディネートを「#でらスタ」としてご紹介してきました。

すでにでらスタを提案し始めてから4年目、今年で9回目を数えます。
過去の提案はこちらから

【でらでら】が考える、この春夏のエレガントを考える「#でらスタ」は次の5スタイル!
サンプル画像1
目次
  • 1.

    バッグでワンポイント

  • 2.

    スニーカーでワンポイント

  • 3.

    シャツでワンポイント

  • 4.

    ポロでワンポイント

  • 5.

    パーカーでワンポイント

サンプル画像1
1. バッグでワンポイント

昨今のビジネススタイルは、働き方の多様化とともに、服も多様化しました。
ですので、スーツではなく、ジャケットにカットソーを合わせた、ライトなビジネススタイルとして提案させていただきます。

お仕事用の鞄として選ぶのは、黒や紺、茶などダークな色合いのものを選ぶ方が多数だと思います。
ここを、ベージュなど明るいトーンのものに変えてみると、すごく明るく見えませんか?
鮮やかすぎたりする色はさすがにナシですが、ベージュや色味を抑えたニュアンスカラーあたりを選ぶと、一気に爽やかさがプラスされます。

看板
2. スニーカーでワンポイント

コーディネートのひとつのポイントとして「他のアイテムと同じ色を使う」というものがあります。
それも確かに正解で、コーデをまとめるひとつの方法です。

しかし、今回のテーマはワンポイント!差し色とは、他のアイテムとは全く違う色のこと。
こちらのコーデでは、敢えてコーデのどこにも使っていない色のスニーカーをチョイスしました。
それでも、不思議と何の違和感もありませんよね。パーカーやインナーのプリントと色がさりげなくマッチしているのが、違和感のなさの理由です。

白スニはカジュアルスタイルを一気に垢抜けさせてくれるアイテム。
春夏シーズンはたくさん重宝しますよ。

看板
3. シャツでワンポイント

ジャケパンスタイルは、誰でも簡単にエレガントになれるミドル世代の定番コーデ。
生活範囲が狭い昨今、このようなスタイルをする機会がぐっと減っていますが、月に何回かはこのような機会を作ってお洒落してみるのも、気分を上がって素敵だと思います。

ジャケットとパンツに合わせるシャツを春色に変えるだけで雰囲気もがらっと変わります。
また、ジャケットを着るコーデにおいて最も忘れてはいけないのがチーフ!
チーフがあるのとないのとでは、エレガントさは雲泥の差です。
ここはシャツのカラーに合わせたチーフを挿して、コーデをまとめてくださいね。

サンプル画像1
4. ポロでワンポイント

自宅ですごすリラックスウェア、モノトーンでまとめたスタイルもシックでカッコいいですよね。
しかし、インナーを明るい色合いに変えてみませんか?心なしか表情も明るく見えるんです。

ただ明るい色に変えるだけでなく、襟付きのアイテムに変える事で、だらしなく見せずある程度きっちりした印象を見せることができます。
ですので、Tシャツではなくポロをチョイスしてみました。 明るい色合いならではの着こなしも楽しんでみてくださいね。

サンプル画像1
5. パーカーでワンポイント

シャツとパーカーのコーディネート、楽に着られてついつい手に取ってしまいますよね。
このパーカーを、明るいプルオーバーに変えてみました。
シーグリーンのフーディーは、首元のデザインがV字になっているので、カジュアルなのにパーカーとは思えないすっきりとした印象。
シャツとの相性が抜群なんです。

さらに決め手はこの色合い!
柔らかく、且つ爽やかで淡い色合いのデニムともマッチします。
暖かい季節にこそ着て欲しいコーディネートです。

サンプル画像1
お勧め差し色アイテム
  • ジャンネット

    詳細はこちらから

    リネン100%
    カジュアルシャツ

    税抜 27,000円

  • シーグリーン

    詳細はこちらから

    フーディー
    ビッグワッフル

    税抜 20,000円

  • リプレイ

    詳細はこちらから

    コットンニット
    サマーセーター

    税抜 20,000円

  • N°21

    詳細はこちらから

    ブランドロゴ
    半袖カットソー

    税抜 26,000円

  • ディースクエアード

    詳細はこちらから

    メンズ
    ロゴキャップ

    税抜 20,000円

  • フェリージ

    詳細はこちらから

    クラッチバッグ風
    ショルダーバッグ

    税抜 39,000円

ステイホームリラックスウェア
  • チルコロ

    詳細はこちらから

    厚手の鹿の子
    2つ釦ジャケット

    税抜 52,000円

  • H.I.P.

    詳細はこちらから

    別注
    2Bジャケット

    税抜 50,000円

  • マジェスティック

    詳細はこちらから

    クルーネック
    コットンシャツ

    税抜 10,000円

  • タトラス

    詳細はこちらから

    ナイロンストレッチ
    イージーパンツ

    税抜 36,000円

  • H.I.P.

    詳細はこちらから

    リサイクル素材
    スリムパンツ

    税抜 26,000円

  • リプレイ

    詳細はこちらから

    レギュラー
    チノパンツ

    税抜 28,000円

サンプル画像1
これまでもトレンドに寄り添ったスタイリングをご紹介しておりますので、過去の特集も是非ご覧くださいませ!
過去に特集したでらスタ
  • 第3回:2018年春夏

  • 第4回:2018/19年秋冬

  • 第5回:2019年春夏

  • 第6回:2019/20年秋冬

  • 第7回:2020年春夏

  • 第8回:2020/21年秋冬

サンプル画像1

あとがき

今回の特集いかがでしたでしょうか?

今シーズンの#でらスタをお届けしました。
ファッションについて日々提案させていただいておりますが、今の世の中だとなかなか難しいなと思うのも事実。
服について何も考えなくても成立してしまいますしね。

ただ、やはり毎日の生活に潤いを与えてくれるものの中で、ファッションというのは大きな割合を占めているのは間違いないと思っています。
気分が沈みがちな昨今も、新しい生活様式の中で、ファッションも新しく、気分が上がるようなコーディネートを今シーズンも提案させていただけたらなと思っております。

看板
サンプル画像1
特集バックナンバー
  • [寒い日も暖かい日もこれ一枚]

    春アウター特集

    季節の変わり目は毎日何を着て行けばいいか迷いがち。ですが、薄手のアウター一枚あれば、寒い日も暖かい日もどんな日も事足りるのです!万能な春アウターの魅力をご覧ください。

  • [今の時代にジャケットは不要?]

    テレワークだからこそ着たいジャケット

    今やメジャーな言葉になったテレワーク。日々Zoomなどで自宅から会議に参加する方もいらっしゃると思います。Web会議中、ふと自分が映る画面を見たとき、「なんか緩いな…」と思ったりしませんか?画面に映る上半身から見直してみましょう!

  • [デニム一本にも妥協しない装飾性と独自性]

    ディースクエアード特集

    ディースクエアードと言えばデニム。シルエット毎の定番モデルが数多くありますが、それぞれどのような特徴があるかご存知でしょうか。今回はモデル別の特徴と、合わせてコーデもご紹介します。

サンプル画像1





カジュアルなセレクトが魅力的な セレクトショップ エイチケー はこちらから