表替え作業の流れ
ダイケンの畳替えはとにかくスピーディ!

お部屋の畳を全てはがしてしますと、新しく敷きこむまで、お部屋が使えません。
どのくらい時間がかかるか分からないと心配……。
でも大丈夫!ダイケンの表替えは、朝畳を引きあげて、当日の夕方までに敷きこむスピード対応です。

表替えか新調かでお悩みの方へ

「表替え」は今お使いの畳床は交換せず、畳表と畳縁のみ新品に交換いたします。
「新調」は今お使いの畳は処分して、全て新しい畳に交換いたします。
ご判断が難しい場合は、コンシェルジュにご相談いただくか、表替えでお申込みください。
作業日に協力畳店が直接畳を確認し、表替えができない場合はその場でキャンセルしていただいても結構ですし、新調入替えにご変更いただく事も可能です。その際は採寸のみ行わせていただきます。
なおキャンセル料は頂戴しておりません。
その他Q&Aはこちら

わら床での表替えは、わら床表面の凸凹をうけて敷き面がきれいに仕上がりません。わら床をご使用されているお客様には「新調入れ替え」をお勧めします。

訪問時、畳の状況によっては「新調入替え」と判断させていただく場合がございます。予めご了承下さい。
特に15mm厚の薄畳は表替え不可のケースが多い為、ご注意ください。

ピアノ・水槽・金庫等の特定重量物がございますと、作業をお請けできない場合があります。
事前にフリーダイヤル0120-11-8428までご相談ください。