カーテン専門店 さくらんぼ

縫製方法の選び方

縫製方法の選び方

それぞれの縫製方法の特徴

お部屋の雰囲気やカーテンのデザインに
合った縫製方法を選びましょう。

フラットタイプ(ヒダなし)

フラットタイプ(ヒダなし)

シンプルでカーテンのデザインそのものを楽しめる縫製方法です。

ヒダをとらずシンプルな仕上がりで、生地の柄を見せるのに向いています。

サイズ指定

フラットタイプの場合、ピンと張ったようなフラットからウェーブのあるフラットまでお好みでサイズを指定していただけます。

フラットタイプの実例写真

  • フラットタイプ(ヒダなし)
  • フラットタイプ(ヒダなし)
  • フラットタイプ(ヒダなし)
  • フラットタイプ(ヒダなし)

2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)

2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)

カジュアルでもシンプルでも大丈夫なポピュラーな縫製方法です。

3つ山タイプに比べ、ウェーブがゆるやかですっきりと見えます。シンプル、カジュアル、大柄のものなどに向いています。

2つ山タイプの実例写真

  • 2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)
  • 2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)
  • 2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)
  • 2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)

3つ山タイプ(2倍ヒダ)

3つ山タイプ(2倍ヒダ)

ウェーブが美しくグレードの高いお部屋にぴったりな縫製方法です。

2つ山タイプよりボリュームがあり、高級感のある空間にお薦めの縫製です。無地系やシックな柄などに向いています。

3つ山タイプの実例写真

  • 3つ山タイプ(2倍ヒダ)
  • 3つ山タイプ(2倍ヒダ)
  • 3つ山タイプ(2倍ヒダ)
  • 3つ山タイプ(2倍ヒダ)