採寸方法

採寸方法

カーテンの採寸方法

レールや窓の種類に合わせて正しい測り方で採寸しましょう。

採寸をはじめる前に
読んでください。

採寸方法の流れ

採寸方法の流れ

採寸する前に必ずお読みください。

  • 1

    カーテンのサイズはレールの寸法が基準になります。必ずカーテンレールを取り付けてから測ってください。

    レール

  • 2

    高さを測る際にはメジャーが斜めにならないように気をつけてください。

    メジャー

  • 3

    ドレープ(厚地)カーテンと合わせて吊る場合、レースカーテンはさらに1cm短くしてください。

    メジャー

  • 4

    装飾レールと機能レールの二重レールの場合、レールの高さに若干の差がありますので気をつけてください。

    メジャー

01

カーテン幅の測り方

レールの種類に合った測り方で
幅を測りましょう。

あなたのお家の窓レールは
下のどのタイプですか?

よくあるレールの測り方例を
3つご用意しました。

  • 機能レール

    機能レール
  • 装飾レール

    装飾レール
  • 出窓など折れたレール

    出窓など折れたレール

機能レール

機能レール

1左端と右端のランナーの距離を測ってください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

機能レール

装飾レール

装飾レール

1装飾レールの場合はランナーが移動するので両端のランナーを移動範囲の中間あたりに固定してから測ってください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

装飾レール

出窓など折れたレール

出窓など折れたレール

1出窓など何面かある場合はそれぞれの面のレールの長さを測り、すべての面の長さを合計してください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

出窓など折れたレール

※幅のゆとり

ゆとり分を足すことによりカーテンの両端・中央部分(両開きの場合)に隙間が出来るのを防ぎます。

ゆとりの長さは、
測ったレールの長さ
よって調整してください。
1測ったレールの長さ 2ゆとりの目安サイズ
100cm以下 2cm
101cm以上250cm以下 5cm
250cm以上 10cm

02

カーテン丈(高さ)の測り方

窓のタイプに合った測り方で
高さを測りましょう。

あなたのお家の窓は
下のどのタイプですか?

よくある窓の高さの測り方例を
3つご用意しました。

  • 腰窓

    腰窓
  • 掃き出し窓

    掃き出し窓
  • 出窓

    出窓

腰窓タイプ

腰窓タイプ

1ランナーの穴から窓枠までの高さを測ってください。

2窓枠までの高さに15〜30cm足してください。

腰窓タイプ

※調整分

窓の状況により約15cm〜30cm程度の範囲で調整してください。一般的には20cmくらいがおすすめです。窓の下に家具などを置かれる予定がある場合は、干渉しない様に調整してください。

掃き出し窓タイプ

掃き出し窓タイプ

1ランナーの穴からまでの高さを測ってください。

2床までの高さから1cm引いてください。

掃き出し窓タイプ

出窓タイプ

出窓タイプ

1ランナーの穴から窓台までの高さを測ってください。

2窓台までの高さから1cm引いてください。

出窓タイプ