カーテン専門店 さくらんぼ

カーテン裏地

カーテン裏地

カーテンの裏側に取り付ける事で機能性を飛躍的に向上させるアイテムです。
お気に入りのカーテンに裏地をつけることで、遮光、断熱、保温、防音、プライバシー保護の機能を追加することができます。追加したい機能・お好みや状況に合わせて、遮光生地・非遮光生地などお選びいただけます。

カーテン裏地

カーテン裏地について

カーテン裏地には大きく、縫いつけカーテン裏地・後つけカーテン裏地の2種類があります。
縫いつけカーテン裏地は、オーダーカーテンご購入時に一緒にご購入いただき、
カーテン縫製時に一緒に仕上げるタイプ。
後つけカーテン裏地は今お持ちのカーテンに後からつけるタイプです。

裏地のメリット

遮光性

遮光性

遮光性

気に入った生地が遮光性のない生地だった場合など裏地をつける事で遮光カーテンになります。遮光2級、3級の生地に取り付ける事でワンランク上の遮光性能を得る事も出来ます。遮光機能を重視しながらも生地デザインの選択幅が広がります。

耐久性

耐久性

耐久性

日光を長期的に浴びる事で繊維や色の劣化が進み痛んできますが裏地をつけることで表地が保護される為、日焼けを防いでカーテンを長持ちさせることができます。
長くお使いいただくとその差は歴然とあらわれます。

遮熱・保温性

遮熱・保温性

遮熱・保温性

裏地を付けることで表地との間に空気層をつくり、室内の温度変化を軽減する為、エアコンの稼働率を抑え省エネ効果が期待できます。

防音効果

防音効果

防音効果

表地と裏地の間の空気層により音の伝わりも軽減するので防音、遮音効果も期待できます。

プライバシー保護

プライバシー保護

プライバシー保護

遮光1級タイプの裏地は夜でも、外部に人影が写りにくくするのでプライバシーもしっかり守ることができます。

カラー

カラー

カラー

表地の色に合わせたり、設置する窓の外壁と同じ色にしたりすることができます。又、裏地に発色の良い生地を使用しているので室外から見ても美しい!

縫いつけ裏地/後つけ裏地の違い

縫いつけカーテン裏地

縫いつけ裏地

縫いつけカーテン裏地

縫いつけ仕様は表地と一体となるように縫製しますので、カーテンのウェーブ(ヒダ)がきれいに出やすくなります。そのため室内側からはもちろん、室外側から見ても見栄えが良いことが特徴です。
オーダーカーテンと同時にご購入いただく必要がありますので、現在お持ちのカーテンにつけていただく事はできません。
ドレープカーテンと同じ量の生地が必要となりますので、同じ窓のサイズでも後つけ裏地より、価格は高くなります。

後つけカーテン裏地

縫いつけ裏地

後つけカーテン裏地

表地のフックに引っ掛けて取り付ける裏地なので、今お持ちのカーテンに取り付けていただくことが可能です。
季節に合わせて取り外したり、表地と別々にすることでご家庭の洗濯機で手軽に丸洗いができます。
表地が伸縮する素材や色落ちする素材の場合にもおすすめです。

生地の特性

遮光1級タイプ

遮光1級タイプ

遮光1級タイプ

遮光1級のカーテンは日中であっても、カーテンを閉めると部屋の中がほぼ真っ暗になります。
お昼に真っ暗な部屋で安眠したい、ホームシアターを光が入りこまない部屋で楽しみたい、光をほぼ完全に遮断したい方にオススメです。
通常の遮光1級カーテンを裏地として利用しています。表裏とも同じ色合いですので、表地と似た色合いの生地をお選び下さい。違う色の生地にすると表地に色映りする場合があります。
比較的重めの生地ですのでカーテンレールの耐加重に不安のある場合は遮光2級・3級タイプをおすすめします。

縫いつけ裏地|遮光2級・3級タイプ
後つけ裏地|遮光2級・3級タイプ

遮光2級・3級タイプ

遮光2級・3級タイプ

遮光2級・3級タイプ

遮光2・3級のカーテンは夜の街灯や自然光がほぼ気にならない程度に部屋が暗くなります。
光を完全に遮断するというよりは夜に人影がはっきりと透けるのが嫌な方、部屋を暗くしたいけど朝起きたときに真っ暗になるのは嫌な方にオススメです。
裏地専用の厚みの薄く、裏面が白いので表地の色が薄い生地でも色映りしません。また比較的軽い生地ですのでカーテンレールに負担をかけません。

非遮光タイプ

非遮光タイプ

非遮光タイプ

遮光性のない光を適度にとおす生地を使用しています。表地と二重になることで空気層ができ、室内の温度変化を軽減するためエアコンの稼働率を抑え節電効果が期待できます。遮光性のない生地ですのでお部屋は暗くなりにくい生地です。
節電対策・省エネ対策はしたいけど、お部屋が暗くなるのが嫌な方にオススメです。

レースタイプ

レースタイプ

レースタイプ

レースカーテンのための裏地です。お使いのレースカーテンが透け感があり外からの視線が気になる場合や、遮熱・保温効果を高めたい場合に最適な裏地です。
UVカット効果もアップします。