採寸方法

カーテン幅の測り方

機能レール

機能レール

1左端と右端のランナーの距離を測ってください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

機能レール

装飾レール

装飾レール

1装飾レールの場合はランナーが移動するので両端のランナーを移動範囲の中間あたりに固定してから測ってください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

装飾レール

出窓など折れたレール

出窓など折れたレール

1出窓など何面かある場合はそれぞれの面のレールの長さを測り、すべての面の長さを合計してください。

2測ったレールの長さに2〜10cm(ゆとり)を足してください。

出窓など折れたレール

※幅のゆとり

ゆとり分を足すことによりカーテンの両端・中央部分(両開きの場合)に隙間が出来るのを防ぎます。

ゆとりの長さは、測ったレールの長さによって調整してください。
1測ったレールの長さ 2ゆとりの目安サイズ
100cm以下 2cm
101cm以上250cm以下 5cm
250cm以上 10cm

カーテン丈(高さ)の測り方

腰窓タイプ

腰窓タイプ

1ランナーの穴から窓枠までの高さを測ってください。

2窓枠までの高さに15〜30cm足してください。

腰窓タイプ

※調整分

窓の状況により約15cm〜30cm程度の範囲で調整してください。一般的には20cmくらいがおすすめです。窓の下に家具などを置かれる予定がある場合は、干渉しない様に調整してください。

掃き出し窓タイプ

掃き出し窓タイプ

1ランナーの穴からまでの高さを測ってください。

2床までの高さから1cm引いてください。

掃き出し窓タイプ

出窓タイプ

出窓タイプ

1ランナーの穴から窓台までの高さを測ってください。

2窓台までの高さから1cm引いてください。

出窓タイプ

詳しく見る

フックの選び方

Aフック

Aフック

カーテンレールが見えて、寄せたときに綺麗に収まるタイプです。

基本的にどのレールでも使えるのでよく使用されます。
形状安定加工済みの厚地カーテンはウェーブがよりきれいに見えます。またカーテンを寄せたときにきれいにまとまります。

Bフック

Bフック

カーテンレールが隠れて、光漏れが少ないタイプです。

基本的に機能レールでカーテンレールを隠したいときに使用されます。またレールの上まで隠れるので光漏れが少なくなります。しかしカーテンの開閉の際引っかかりやすくなり、寄せるときもまとまりにくくなる場合があります。

詳しく見る

縫製方法の選び方

2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)

2つ山タイプ(1.5倍ヒダ)

カジュアルでもシンプルでも大丈夫なポピュラーな縫製方法です。

3つ山タイプに比べ、ウェーブがゆるやかですっきりと見えます。シンプル、カジュアル、大柄のものなどに向いています。

3つ山タイプ(2倍ヒダ)

3つ山タイプ(2倍ヒダ)

ウェーブが美しくグレードの高いお部屋にぴったりな縫製方法です。

2つ山タイプよりボリュームがあり、高級感のある空間にお薦めの縫製です。無地系やシックな柄などに向いています。

フラットタイプ(ヒダなし)

フラットタイプ(ヒダなし)

シンプルでカーテンのデザインそのものを楽しめる縫製方法です。

ヒダをとらずシンプルな仕上がりで、生地の柄を見せるのに向いています。

サイズ指定

フラットタイプの場合、ピンと張ったようなフラットからウェーブのあるフラットまでお好みでサイズを指定していただけます。

ウェーブなしが好みの場合のご指定サイズ

→レール全長+ゆとり分(2〜5cm)がおすすめです。

ウェーブがある方が好みの場合のご指定サイズ

→レールの全長の1.1〜1.4倍程度がおすすめです。

詳しく見る

開き方の選び方

両開き

両開き

一般的な窓によく使われるオーソドックスな開き方です。

両開きは、2枚のカーテンを真ん中で開閉する標準的なスタイルです。一般的な窓は両開きにすることが多いです。
また洗濯する場合、両開きの方が洗濯しやすくなります。

片開き

片開き

小窓や変形窓に対応しやすいシンプルな開き方です。

片開きは、1枚のカーテンを左右どちらかに寄せるシンプルなスタイルです。小窓の場合、横幅がかなり小さくなるので片開きにすることが多く、変形窓などにもよく使われます。
また窓の左右のどちらかに家具があり片開きの方が開きやすいなど、利便性の面でも片開きにすることがあります。
右寄せ、左寄せは洗濯ラベルの取り付け位置を決める為(開閉の際に目立たない位置に取り付ける為)に伺っております。

詳しく見る