LONGCHAMP 1948年、ジャン・キャスグランがLONGCHAMP (ロンシャン)を設立。 1957年にメーヌ・エ・ロワール地方のセグレに工場を設立した後、地方に散在していた職人たちを当地に集め、 本格的に活動を開始した。ラムスキンの旅行鞄やナイロンと革がコンビになったラゲージラインなどが ロンシャンスタイルとして知られている。さらにナイロンの折りたたみバッグxtra-bagを発表。 そして1975年、新たにソフトで優しいスタイルが誕生する。 これがヴォーネフローネという今でも愛され続けている、ロンシャンの代表的定番ラインである。