あなたにぴったりのパワーストーンの選び方
1.【総合運・開運】 カテゴリー:
「総合運・開運・守護・厄除け・邪気除け・魂のレベルアップ・地鎮祭」
2.【健康運・美容】 カテゴリー:
「健康運・長寿・ヒーリング・癒し・再スタート・トラウマからの開放」
3.【事件事故回避】 カテゴリー:
「安全・事件事故からの回避・ストーカー対策・霊障・方位除け」
4.【金運・財運・仕事運】 カテゴリー:
「金運・仕事運・投資・独立起業・リーダーシップ・ギャンブル・くじ運」
5.【能力・試験運】 カテゴリー:
「能力運・試験運・才能・潜在能力・アイデア・クリエイティブ能力」
6.【恋愛・結婚運】 カテゴリー:
「恋愛運・結婚運・遠距離恋愛・復縁・関係修復」
7.【人間関係・対人運】 カテゴリー:
「人間関係運・対人運・人に好かれる心の育成」
8.【家庭運・子宝】 カテゴリー:
「家庭運・子宝運・既婚者の運気向上・浮気防止」

日本には素敵なパワーストーンショップがいっぱい!

海外旅行のときにおみやげとしてパワーストーンを購入する方が多いですが、ときどき人工石や偽物が混ざっていることがあるので要注意です。一方、日本国内の場合には厳しい日本の目で選んでいるので、良い石を扱うお店がたくさんあります。(人工石のお店は減ってきましたが、着色・樹脂加工をしたお店は増えてきましたのでその点は注意が必要です。)それぞれお店によってコンセプトが異なるため自分の目的に合ったお店を探して下さい。水晶工房も得意としていること・苦手としていることがあり、他店の方が優れている点もあると思います。大切な買物ですからゆっくり楽しみながら比較をしてみて下さい。水晶工房はファッション性の高いパワーストーンが苦手ですが、人の手を加えていない天然のままの姿の石は得意です。原産地直送なので完全天然石としては間違いなく安くご提供できていると自負しております。

【水晶工房の7つの特長は→こちら
【コラム:パワーストーンショップ選び方講座は→こちら


相性の良いパワーストーンの見つけ方

パワーストーンを選ぶときに「石との相性」が重要と言われることがあります。せっかく手にしたパワーストーンであっても相性が悪い、なんて嫌ですよね。実は「石との相性」というのは人が後天的に作り出しているものであって、本来は相性の差というものはないんです。後天的に作り出されている相性とは「採掘した場所の方位との相性」と「商品がお手元に届くまでに触れた人の気との相性」を指します。水晶工房は日本の裏側(ブラジル産やウルグアイ産など)の天然石をご用意し、通販専門とすることで商品に触れる人の数をできるだけ減らすことが可能となりました。(もちろん展示品や返品商品を商品とすることはございません。)実際にたくさんの商品を手にとって選べないデメリットがありますが、純粋無垢なパワーストーンがお手元に届きますので、ぜひあなたとの良い相性を作り上げて下さい。

【あなたにぴったりのパワーストーンの選び方(62項目の具体事例から検索)→こちら

生年月日や名前、誕生石で石を選ばない理由

パワーストーンを選ぶ際に、生年月日や名前、誕生石などを元に店舗側でアレンジをするケースが増えています。プロの知識を使ってコーディネートをしたという理由で付加価値をつけやすい(価格を高くしやすい)手法ですが、当店ではその方法で石をセレクトすることをお勧めしていません。石を選ぶときに最も重要な要素は何といっても「目的や願望」です。どのような目標、どのような夢に向かって石の力を活用したいのかが最重要ポイントであり、石それぞれがもつ「象意」が最優先されなければなりません。(特に誕生石というのは西洋の宝石店が購買を促進するために考えた、言わば「キャンペーン」のようなものです。)生年月日や名前、誕生石などで選んでしまうと、例えば恋愛の運気を上げる必要が全くない人にインカローズが使われてしまったり、6歳の子供に健康・長寿のアメジストが使われれたりといったことになります。人に選んでもらうと確かに安心するかもしれませんが、パワーストーン選びは受動的な姿勢ではなく、目標に合わせて自分で決定することが大切です。(本来は廃品となるような石を、珍しい石という扱いにして使うケースもあるんですよ。聞いたことがない珍しい石=秘伝の石 とは言えませんので要注意です。)


10ミリ玉以上のサイズをお勧めする理由

テレビで見るスポーツ選手や芸能人、スピリチュアルカウンセラーの多くは10ミリ玉以上の大きなブレスレットを身に着けていますね。その理由をご存知でしょうか。ファッションアクセサリーを扱うショップでは比較的仕入値の安い6〜8ミリ玉のブレスレットが主流となっており、カラフルにたくさんの石をコーディネートしていますが、パワーストーンが本来もっている様々な能力を引き出す場合には10ミリ玉以上の石を使うことが一般的だからです。パワーストーンはアチューンメントという作業によって使う人の気を伝える必要があります。その際に「波動」という目に見えない物質が石の中に蓄積されるのですが、ある一定のサイズ・重さの石ではないと、この波動の蓄積が充分にされないといわれており、古い文献やスピリチュアルカウンセラーの見解では10ミリ玉以上(一部のパワーの強い石は8ミリ玉以上)のサイズが必要といわれていることから当社もその見解に合わせてサイズを規定しております。(実は6ミリ玉は10ミリ玉の4分の1の質量、8ミリ玉は10ミリ玉の2分の1の質量しかないんですよ。)水晶工房には小さいサイズの商品はご用意がありませんが、ファッション重視のときには小さいサイズ、パワー重視のときには大きいサイズと使い分けるのもいいですね。

※ブレスレットの腕サイズや玉の大きさが不安な方、装着感を確かめてみたい方は、「サンプル貸し出しサービス」をご利用下さい。詳しい申込方法は→ こちら


カラフルでたくさんの種類の石を使わない理由

やはりテレビで見るスポーツ選手や芸能人、スピリチュアルカウンセラーの多くはシンプルに1〜2種類の石だけでできたブレスレットやネックレスを使っていますね。色が単調だとファッション性は劣りますが、やはりしっかりとパワーストーンと向き合うためにはいろいろな石を欲張って付けることはおすすめできません。最低限必要な種類と量の石を末永く愛用することが、本来の魅力を引き出す秘訣です。何種類かのパワーストーンを持っている場合には、例えば週末や夜間は癒し系のパワーストーン、平日や日中は活力系のパワーストーンといったように「付け替え」をされると良いでしょう。


取扱う石の種類を絞っている理由

他のパワーストーンショップと比べて水晶工房は石の種類が少ないと思われた方も多いと思います。もちろん当店は石の専門店ですので、地球上のほとんどに石を輸入することができます。商業的には種類を増やせば売上げも上がるのは明白ですが、当店は売上げよりも本当に安心して使って頂ける石だけを厳選して販売する方針としております。最近のパワーストーンショップの傾向としまして、購買を促進させるために相性や効果に関係なく様々な石をお勧めすることが多く、特にリピーターをつくるために、常に新しい石・珍しい石を紹介をする傾向が強いようです。しかしパワーストーンは本当に必要な1〜2種類(時間帯による付け変えをした場合でも多くてあと1種類)あれば十分にその魅力を引き出すことができると考えています。そのため本当に必要な石をお選び頂き、そのあとはその石を末永く愛用して頂けるように商品を厳選しています。 (水晶工房が推奨する石の中であれば単品販売やフルオーダーメードのブレスレット制作も承っております。 詳しくは→こちら


ブラジル産が根強く愛される理由

ブラジル産パワーストーンは3億年以上前の地球の記憶。その一部を共有することで大地の無限の力とのシナジーが始まります。それがブラジル産パワーストーンが根強く愛される理由です。またブラジルの位置する南米大陸には地球上で最も安定した地殻変動を経てゆっくりと過ぎる時間の中で育まれた最高の石が眠っています。そして日本から最も遠い場所に3億年以上も眠っていたパワーストーンを持つことが、日本人に最も合ったパワーストーンと言われています。日本から最も遠いパワーストーンの産地「ブラジル」。地球の裏側と繋がるとき。かけがえのない地球とのシンクロが始まります。(ただしインカローズやラピスラズリ、黄翡翠のようにブラジルで産出できないストーンもございます。その場合、当社では南米を中心に最も遠い産地から輸入しています。)



国産の水晶が流通しなくなった理由

かつては日本国内でも一部のパワーストーンは採掘が可能で、特に山梨は高品質の水晶が採掘できることで有名でした。しかし明治時代をピークに掘り尽くされた結果、現在は鉱脈が枯渇して採掘されておりません。(ただし山梨は輸入した水晶を使った工芸文化だけは盛んで、高い技術をもっています)現在、日本に流通している水晶は中国産、ヒマラヤ産(ネパール)、ブラジル産がほとんどで結晶構造が最も大きく安定しているのはブラジル産と言われています。尚、パワーストーンの中でも翡翠(ひすい)についてはまだ糸魚川などで採掘されており、世界的にも高い評価を得ています。


要注意!「天然水晶」と書いてあってもパワーストーンではない石が大量に出回っています

「天然水晶」とか「本水晶」と書いてあると安心してしまいますが、実はここに大きな落とし穴があります。当店が水晶を始めとした各種の天然石を輸入し始めた23年前はまだ「完全天然の水晶」か「単なるガラス玉」の2種しかありませんでした。「単なるガラス玉」は紛れもなく偽物ですね。さすがに最近はこれが一般ショップに流通することはなくなりました。しかし、ここ数年、中国の技術向上とともに、「素材は天然だが人工的に再加工をした水晶」が大量に出回っています。これは石の素材自体は水晶(石英)なんです。しかし品質の悪い石英を溶かして、不純物をすべて取り除いて、残った純粋な石英部分だけを再度固めて綺麗な透明な水晶を再形成します。言わば「溶練水晶」というものです。しかし、使われている素材は紛れもなく水晶ですから「天然」と謳っても違法ではありません。この「溶練水晶」を使ったほうが安定して同じ品質の水晶製品ができますし、特にデパートやテレビショッピングなど大量受注に対応をするためには、すべての水晶製品について品質が一定でなければなりません。しかし、掘り出してそのままカットをしただけの「完全天然水晶」と比べると結晶構造も崩れてしまっており、「波動」という観点からパワーストーンではなくなっています。(単なる水晶素材の石となります。)溶練水晶は様々な加工(多面体や動物をモチーフにしたカット)もしやすいですが、パワーストーンとして大切なパートナーにされるのであれば「完全天然の水晶」をお勧め致します。(当店が「完全天然の水晶」のみを扱う理由でもあります。)


Q&A集

パワーストーンについてよくご質問を頂く事項を「Q&A集」にまとめました。もしも不明な点がございましたら、こちらを参考にされて下さい。






あなたにぴったりのパワーストーンの選び方

上記の62項目はパワーストーンに関して研究されてきた様々な文献に記載された記述をもとに分類しています。パワーストーンの無限の力については数多くの方が体感されていますが、科学を超えた未解明の分野でもあるため、すべての人に一律の効果をもたらすわけではありません。その点を十分にご理解の上ご使用下さい。