STYLING BOOK -vol.57-

2020/10/5

早いものでもう10月ですね。気候も気分もすっかり秋模様♪

さて今回は、今の時期にぴったりなスウェットやトレーナーを使ったスタイリングを提案します。
スウェットやトレーナー特有のカジュアルな雰囲気の中に、大人っぽさをプラスした着こなしが揃っています。
是非チェックしてみてくださいね。

#1:ゆるシルエットだけど手抜き感のない着こなし

ボリューム感が可愛らしいmarimekko(マリメッコ)のトレーナーに、ブラックのアイテムで引き締めたスタイリング.
レディース感のあるウニッコ柄トレーナーには、敢えてワーク感のあるパンツやスニーカーを合わせて、ストリートっぽいメンズライクな着こなしに。
バッグにもマリメッコをチョイスして、シンプルながら存在感のあるファッションに仕上げています。

#2:ラフなのにシック。大人リラックスコーデ

SETTO(セット)のオーバーオールに、ORCIVAL(オーシバル)のトレーナーを合わせたリラックスコーデ。
レザーのバッグや季節感のある落ち着いたグリーンが、幼くならずシックな雰囲気を演出します。
一枚でもキマるトレーナーは、オーバーオールに合わせて脇役としても着こなせますよ◎

#3:女性らしさの中にある少しのスポーティさが魅力的

SETTO(セット)のきれいめな印象のプリーツスカートで女性らしさを見せつつ、MOUNTAIN EQUIPMENT(マウンテンイクイップメント)のスウェットや、サイドゴアブーツで程よくカジュアルダウンさせたスタイリング。
主張しすぎない色合いが大人らしく、ちょっぴりスポーティさもある絶妙なバランスが魅力的です。

#4:さりげないレイヤードが魅力のメンズライクコーデ

REMI RELIEF(レミレリーフ)のくすんだオレンジ色のスウェットが目を惹くスタイリング。
ボトムスは、orSlow(オアスロウ)のワークパンツ、足元はスニーカーを合わせてメンズライクに着こなしています。
スウェットの下にホワイトのTシャツを重ね着して、袖や首元から覗かせることで、コーデにメリハリが付きますよ♪

TOPへ戻る