STYLING BOOK -vol.49-

2020/8/10

ジメっとする気温からカラッとする気温に変わり、蝉の鳴き声も聞こえて、夏が来たことを実感しますね。

さて今回は、垢抜けた印象を与えてくれるベージュを取り入れたスタイリングを提案します。
おしゃれだけどキメすぎない、そんなコーディネートがたくさん揃っています。
是非参考にしてみてくださいね♪

#1:シンプルでいて品があるロングワンピースコーデ

kelen(ケレン)のロングワンピースをさらりと一枚で着こなしたリラックスなスタイリング。
優しい色味とワンピースのふわっと感が女性らしさをUPさせます。
足元にはホワイトのレザーシューズを合わせると、上品に引き締まります。

#2:ネイビー×ベージュでベーシックな着こなし

MARECHAL TERRE(マルシャルテル)のワイドパンツに、ベージュと相性の良いネイビーのブラウスを合わせた、まとまりのあるスタイリング。
落ち着いた配色できちんと感を出しつつ、足元にスニーカーを合わせてゆるさをプラスすると、堅苦しくない印象に仕上がります。

#3:気取らないこなれ感が魅力的♪大人カジュアルコーデ

ベージュのストライプが優しく柔らかい印象の、kha:ki(カーキ)の2wayシャツワンピースに、The Shinzone(シンゾーン)のカーキのパンツを合わせて、上品でありながらカジュアルに着こなした気取らないスタイリング。
程よいゆるさと大人っぽさを兼ね備えた甘すぎない着こなしが魅力です。コーディネートは変えずに、シャツワンピースを羽織として着ても◎

#4:歩くたびに揺れるシルエットが可愛いフェミニンなスタイリング

kelen(ケレン)のカシュクールワンピースのとろんとした生地感が女性らしさを引き立たせる、フェミニンなスタイリング。
手元はMar Y Sol(マリソル)のかごバッグで抜け感をプラス。足元はmibo(ミボ)のフラットサンダルで歩きやすく、ショッピングなどのお出かけにおすすめのコーディネートです。

TOPへ戻る