薄手のタートルネック/モックネックで季節感のある首元に。

2019/10/3

毎年人気のタートルネックや、いつの間にか定番となったモックネックなど、「首の詰まったアイテム」は今季も引き続き大人気。
冷たい空気から首元を守ってくれるのはもちろんですが、コーディネートの幅も広がる優秀アイテム。秋口のメイントップスはもちろん、冬のアウターとの相性もよくとっても長い期間気回せます。ワードローブに必須なアイテムですね。

さて、タートルネック・ハイネック・モックネック・ボトルネック、などたくさんの種類がありますが、そもそもどう違うのでしょうか?それぞれの意味を知り、お気に入りのものを見つけてください。

タートルネック、ハイネック、モックネック・・・何が違うの?

タートルネックは何となくイメージできますが、ハイネックとモックネックとボトルネックの違いは?と聞かれると明確に答えにくいですよね。それぞれどういった定義になっているのでしょうか。

タートルネック

まず、タートルネックはその名前の通り亀が首を出しているような長めの襟、いわゆる”とっくり”のことです。

ハイネック

襟が首に沿って長く立ち上がり、折り返さないもののことを全般的に「ハイネック」と呼びます。モックネック、ボトルネックなどもハイネックの一種ということになります。
では、モックネックの定義はどういったものなのでしょう。

モックネック

ここ数年よく耳にするようになった「モックネック」。
以前はメンズアイテムに多く見られたデザインでしたが、現在はレディースでも流行していつの間にか定番化してきました。
「モック」というのは「「偽の、みせかけの」という意味。
本来は、モックネックとはタートルネックのまがいもの、という意味で名づけられ、タートルネックに近いほど高さのあるもののことを差して呼ばれていたようですが、現在は、一般的にハイネックよりも低いデザインのもの、つまり、クルーネック寄りのものがモックネックと呼ばるようになってきています。

そして、「ボトルネック」はもともとハイネックよりも少し低く立ち上がった襟のことを呼ばれているので、結果、ボトルネックとモックネックは同じものということになりますね。

では、本日は、スタイリングに一気に季節感をプラスしてくれる、タートルネックとモックネックのおススメをご紹介いたします。

大人に、可愛く着こなしたい「 タートルネック 」

首元でくしゅっとさせたり、ボリュームを持たせた首周りは、女性らしく可愛い印象に。
薄手のものだと、シャツやワンピースとレイヤードするのも楽しめます。 コートやジャケットにも相性がよく、カラーを揃えて持ちたい優秀アイテムです。

スマートに着こなす「 モックネック 」

モックネックは、なんといってもすっきりとした首回りになるのが魅力。
体にフィットするデザインを選ぶと、メンズライクでスマートな印象にまとまります。
ゆったりオーバーサイズものは、モックネックだと首元のつまりのおかげでだらしなく見えず可愛く着こなせますね。

お気に入りを見つけて、この秋冬のワードローブにぜひ加えてくださいね♪