Rilaxing Time

日々の小さなできごとを愛おしく感じられるように、CROUKAならではの『リラックスできる贅沢な時間の過ごし方』を提案いたします。
仕事や家庭で慌ただしく過ごすウィークデー。そして迎える週末には心と身体をゆっくりとほぐし、リセットする時間をつくってみてくださいね。

vol.4Rilaxing Time

手作りアロマキャンドルの やさしい灯り と 穏やかな香り。
心を整え、リラックスした癒しのひとときを過ごす。

ふいに心が乱れて、穏やかな気持ちでいられないことも ありますよね。
そんなときは、お好きな香りで 自分だけのアロマキャンドルを作ってみませんか。
お気に入りの香りに満たされながら、ゆらゆら と揺れるキャンドルを、ただただ眺める。
スーッと肩の力が抜け、リラックスした とっておきの時間が過ごせますよ。

必要なもの (※ 紙コップ 200ml 1個分) ・ソイワックス(ロウソクやティーライトでもOK)180g
・キャンドルの芯(ロウソクの芯の部分やタコ糸でもOK) 1本
・お好きな精油 0.5ml (4、5滴)
・容器(ビンや紙コップ) 1個
・ミルクパン/ボウル/割り箸 1本/はかり/ハサミ/カッター

キャンドルに色をつける場合はお好きな色のクレヨンを、ボタニカルキャンドルを作る場合はお好みのドライフラワーなどを用意してくださいね。

ロウソクを溶かし、キャンドルの芯を準備する。 今回は細かく砕いたロウソクを使用して、キャンドルを作っていきます。
ミルクパンに水を入れ、お湯を沸かしましょう。
ロウソクは60°~70°で溶けるので、お湯をすこし冷ましてからボウルに入れたロウソクを湯煎します。この時に、キャンドルの芯やタコ糸にワックスを染み込ませ、真っ直ぐ伸ばして乾かしておきます。
こうすることで、火を灯したときに着火しやすくなりますよ♪

ロウソクに香りや色を加え、ゆっくりと容器に流し入れる。 ロウソクが溶けきったら、お好きな精油を加えて、軽く混ぜましょう。
色つきのアロマキャンドルを作る場合は、お好きな色のクレヨンをカッターで削り入れて、混ぜて溶かしてください。 徐々にクレヨンの量を調整して色の変化をつけると、固まったときに綺麗なグラデーションになりますよ♪
ゆっくりと繰り返しロウソクを流し固めることで、キャンドルの中心がくぼんでしまうのを防ぎ、表面がキレイに仕上がります。

デコレーションをし、丁寧に冷やし固める。 容器の中心に先ほど作った芯を落とし、割り箸で固定しながら ゆっくりとロウソクを入れ、少しずつ固めては足していってくださいね。
万が一、固まったときにくぼんでしまっても、再度へこんだ部分にキャンドルを流しいれることで修復できますよ◎
固まる前に、ドライフラワーを飾るとアロマの香るボタニカルキャンドルの出来上がりです♪
あまり芯の近くに飾ると、火を灯したときに焦げてしまうので注意しながらデコレーションしてくださいね。

Rilaxing Time

Rilaxing Time