CROUKAはピンクリボン運動を応援しています。

CROUKAのトップページのロゴがピンク色に変わっているのをお気づきでしたか?
10月は「ピンクリボン」月間ということで、期間中はCROUKAのロゴの色もピンク仕様にしています。

ピンクリボン運動とは、乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診や治療を推進することなどを目的として行われている世界規模の啓発活動です。
乳がんは、日本人女性がかかるがんの中で最も高く、年々増加傾向にあります。毎年9万人が新たに乳がんにかかると言われており、生涯で乳がんにかかる割合は11人に1人となります。
身近な病気だからこそ、確かな知識を身に着けることが大切。
今回は乳がんについての知識とご自宅でもできるセルフチェックをご紹介します。

乳がんとは?

乳がんは、乳房のなかの母乳をつくるところ(小葉組織)や母乳を乳首まで運ぶ管(乳管組織)から発生する悪性腫瘍です。
30代後半から急増し、40代後半と60代前半にピークを迎えます。増加傾向にある乳がんですが、なぜ増加しているのか…その要因として、食生活の変化(高タンパク、高脂肪食の摂取増加)、女性の生活環境の変化(初潮年齢の早期化、晩婚化、少子化、初産年齢の高齢化など)などが考えられています。
普段の生活バランスを見直し、心身への負担を軽減する生活を心がけることが大切です。

早期発見の最大のメリットは「乳がんで死ななくてすむ」という確率が高いこと。
かかりやすい一方で、手に触れてしこりがわかる前に手術をすれば、約90%の方が治るといわれています。 乳房の形もほとんど変わることなく、しかも命が助かる治療を受けることができます。
乳がんは身体の表面の近いところに発生するため、自分で観察したり触れることによって発見できる可能性が高いのです。
乳がんから命を守るために、少しでも早く発見して治療を行うことがとても重要です。
ちなみに、乳がんの60%以上はセルフチェック(自己検診)によって発見されています。


セルフチェック

乳がんは、身体の表面に近い部分にできるため、観察したり触れたりすることで、自分で見つけることができる可能性が高いがんのひとつ。
早期発見のためにも、まずは毎月のセルフチェックを習慣にしましょう。

1鏡で見てチェック!

鏡の前に立ち、頭の後ろで手を組み胸が変色していないか、またくぼみや膨らみがないか調べましょう。

2触ってチェック!

4本指で「の」の字を書くように、指先で軽くなでるように「しこり」があるか、ないか調べましょう。

3つまんでチェック!

指で乳頭の根元を軽くつまんで、血が混じったような分泌物が出ないか調べましょう。

4寝転んでチェック!

仰向けに寝て、背中の下に低めの枕か畳んだタオルを入れて、乳房をさわって「しこり」があるか調べましょう。


年代別検診のすすめ

「40歳以上の女性に対し、2年に1度、視触診及びマンモグラフィ併用検診を行う」指針が厚生労働省より2006年度に通知されました。それにより、ほとんどの自治体が2年に1度の受診を推奨しています。
ご自身の自治体の費用負担・加入する健保組合の費用負担・また、近親者に乳がんの方がいるかどうかを確認して、自分にあった検診を受けましょう。
※第1度近親者(親子、姉妹)に乳がんの方がいる場合などは、毎年の超音波検診とマンモグラフィをおすすめします。

20代~30代 毎月のセルフチェックと、ご自分の判断で受診をおすすめします。
40代 毎月のセルフチェックと、1年~2年に1回の二方向撮影によるマンモグラフィ検査。また、主治医と相談の上超音波検査をおすすめします。
50代~ 毎月のセルフチェックと、1年~2年に1回の二方向撮影によるマンモグラフィ検査をおすすめします。

検診に行くには

乳がん検診は「個人検診」「住民検診」「職場検診」の3つの方法があります。それぞれの内容を確認してご自身にあった乳がん検診を受診してください。

認定NPO法人乳房健康研究会のサイトでお近くの医療機関を検索できます


2019年、日曜日に検診を受けられるのは10月20日です

J.M.S(ジャパン・マンモグラフィー・サンデー)は子育て・介護・仕事・家事などで忙しく、平日に病院に行けない女性の皆様が、休日の日曜日に「乳がん検診」を受けられるよう、全国の医療機関と認定NPO法人J.POSHが協力して毎年10月第3日曜日に乳がん検診マンモグラフィー検査を受診できる環境づくりへの取り組みで、2019年は10月20日の日曜日に行われます。

今まで乳がん検査に行ったことが無い方、最近忙しくて行けていない方など、日曜日に受診出来るこの機会に「乳がん検診」を受けてみませんか。

認定NPO法人J.POSHのサイトでお近くのJ.M.S協賛医療機関を検索できます