IGF-1による育毛理論の提唱者 岡嶋研二博士について

岡嶋研二博士プロフィール

岡嶋研二博士

岡嶋研二 博士

血液学から偶然カプサイシンの育毛効果を発見し、カプサイシンとイソフラボンによるIGF-1育毛理論を完成。育毛に関する著書を数多く出版。

1978年 熊本大学医学部卒業
1982年 熊本大学大学院医学研究科(生化学専攻)修了
1988年 熊本大学医学部助手(臨床検査医学講座)
1991年 日本学術振興会特定国派遣研究員としてオーストリア共和国ウィーン大学医学部医科生理学研究所へ留学
1992年 熊本大学医学部講師
1996年 熊本大学医学部助教授
2005年 名古屋市立大学医学研究科教授
2012年 名古屋Kクリニック院長
研究内容:ストレス学・血液凝固線溶学・臨床検査学

岡嶋研二博士、IGF-1育毛理論について語る

IGF-1で髪も体も健康に

毛髪を成長させるのはIGF-1(インスリン様成長因子-1)の働きです。誰でも持っているIGF-1ですが、13〜17歳をピークに減少していくため、加齢とともに薄毛になるのです。

IGF-1が作られるには、CGRPという物質が不可欠です。知覚神経を刺激すればCGRPが増え、IGF-1が増えます。カプサイシンが知覚神経を刺激し、さらにイソフラボンが知覚神経内でCGRPを増加させる働きを持つことがわかりました。カプサイシンとイソフラボンを脱毛症患者に与えたところ、5ヶ月で75%の人に改善効果が見られました。

IGF-1は身体の機能を司る中心的な物質であり、育毛以外の効果も期待できます。美肌効果、血圧の正常化、うつ症状の改善、認知機能の向上と、様々な効果が確認されました。

IGF-1による育毛は結果以上のアンチエイジング効果が期待できるものであり、生活の質を向上させるものなのです。

岡嶋博士出演番組

岡嶋博士書籍

髪が豆腐トウガラシでモッサモサ生えてくる―抜け毛、薄毛にサヨウナラ論

髪が豆腐トウガラシでモッサモサ生えてくる―抜け毛、薄毛にサヨウナラ
出版社: 主婦の友社 (2010/9/1)

薄毛の食卓―5か月で64.5%の人が発毛した食事法

薄毛の食卓―5か月で64.5%の人が発毛した食事法
出版社: マガジンハウス (2011/9/8)

血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論

血液学の研究グループが偶然見つけた髪を再び生やす新理論
出版社: 現代書林 (2011/9/12)